CBNYDFAの「正体」

浜口です。6月21日付の日経ヴェリタスで、2007.12.01付け当ブログ【コメント返信】同じ月を見ているで、「この株主なんでしょうね?」ということでわかる範囲で説明した、CBNYDFAの「正体」が取り上げられてますね。

CBNYは事務管理銀行たるCiti bank NY、投資家の正体はDFAのほうで、Dimensional Fund Advisers。この運用会社は、シカゴ大学のユージン・ファマ教授らが役員を務める運用会社で、「効率的市場仮説」などの理論に基づいた投資戦略に特徴を持つ。日本では割安な小型株への投資が目立つ。みちのく銀行や香川銀行、秋田銀行など地方銀行の大株主リストにも名前が上がって来るとのことです。まあ、バリューを主な投資スタイルとした運用会社なんでしょうね。

同じコラムにある「ニッポン株式会社の大株主ランキング」(個別企業の上位10位までの株主となっている主体・()内は銘柄数)は、一位が三菱東京UFJ銀行(927銘柄)、以下、日本生命(729銘柄)、三井住友銀行(561銘柄)、みずほ銀行(494銘柄)と続きますが、DFAは108銘柄で、第19位とのこと。結構なもんですね。

CBNYDFA株主になっている銘柄は当然、彼らの基準で投資妙味大のバリュー株ということになります。彼らの投資哲学が具体的にはわからないので推定ベースではありますが、バリューを主に資産ベースで計り(いわゆる資産バリュー株)、逆張りで買っているイメージか?要注目ですね。

ところでファマ教授って、証券アナリストジャーナルでよく論文が引用されているFama氏のことかな?

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 同じ月を見ている海外機関投資家ウォッチャー says:

    浜口様
    貴重な情報ありがとうございます。「四季報」をチェックしましたが、今回もかなり動いていますね、おそらく3月の暴落時に買い(または売り)をいれたんでしょう。いずれにしても心強い限りです。アツギも買い増ししたようですしね。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)