低PBR銘柄の水準訂正

浜口です。日経平均が一万円と、日本株の戻りが順調ですね。当方は玉を寝かしたまま、どこで上げ止まるか見ているところです。現状は押し目買いで、まだいけそうな気がする。銀行株の株価位置が、まだとても低い気がするが・・・どうなんだろ?

さて足元で、低PBR銘柄の水準訂正も進んでいます。6月13日号東洋経済に、「不況時の株高が到来か。リスクマネーが回帰の兆し」との記事があります。ユナイテッド投資顧問の高塚孝一氏の解釈の主旨によれば:

①PBRがリスクプレミアムの指標として働いており
②足元の低PBRの好パフォーマンスは、米国の金融安定化策や各国協調による流動性供給で、金融危機はひとまず封じ込められた。これで投資家のリスク許容度が改善し、代表的なリスク資産である株式市場に資金が還流し始めている状況に起因。

とのこと。実際、ご指摘の通りでしょうね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)