中国で耐久財需要が急増

浜口です。いつだったか、先週あたりの日経の経済教室ページの「ゼミナール」に、「『中国の消費市場』GDP増で耐久財需要は急増も」という記事がありましたね。注目されたのは下記2点。

1.2008年、中国の一人当たりGDPは、3000ドルに達した。一国の経済は、一人当たりGDPが3000ドルを超えると、都市化や工業化が一気に進み、消費スタイルにも大きな変化が現れ、耐久消費財の消費が加速度的に活発化するケースが多い。

2.中国は、(沿岸部のみならず)内陸部の人口規模の大きい都市が3000ドルを越える時期にさしかかっており、今後、国内消費が加速度的に増えることが予想される。

耐久消費財の消費・国内消費が加速度的に増加する・・・・これはシビレますね。月並みですが今後は、日本株も中国の需要を取り込める企業は有望でしょうし、あとは中国株そのものにもやはり投資を考えるべきか・・・・

当方、現状とりあえずリスク運用資産の20%が(1309)上海株式指数・上証50連動型上場投資信託というETFなのですが(残りは日本株)、中国株の個別も考えるべきかな?

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)