中国株投資の王道

近くのブックオフで、「ウオール街のランダムウオーカー」で有名なバートン・マルキール氏が書いた、
「中国株投資の王道」
なる本を見つけました。原題はFrom Wall Street to the Great Wall(ウオール街から万里の長城まで)のようです。

この本は初版が2008年3月13日だから、出てから1年と4ヶ月ぐらい・・・・まだそんなに古くないな、内容の陳腐化はないだろうなと思い、購入しました。当方ちょうど、きちんとした中国株の教科書を読んでみたかったところでしたし。

しかし疑問を感じた点も・・・。マルキール博士は「ウオール街のランダムウオーカー」で、株式投資に関してはインデックスファンドのバイアンドホールドがベストと言っていたはず。一方、目次を見ると、この本では「これからはズバリ中国株」との相場観(?)を披露しているばかりか(相場の行方は予測できないはずでは???)、「一本釣り戦略」ということで、個別銘柄の紹介までしている。なんか主張の一貫性という点で、違和感を禁じ得ないが・・・どうなんだろな??

まあ、これから読んでいきます。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)