中国株・不動産はバブル?

浜口です。昨日の日経WBSで、中国の不動産バブルの話をやってましたね。これを見てのラフな感想。感覚的な話。

これに限らず最近、「中国株ではバブルが崩壊する」「中国では不動産がバブルである」などという報道(警告)をよく耳にします。株価については、上海株指数はよく上がったとはいえ、高値からの半値戻りも達成していないのですが。
とにかく最近、相場が上がるとすぐバブルと言い出す傾向がある。このほうが雑誌・視聴率等の「売れ行き」上、都合がいいんでしょう。問題提起しやすいし、関心を惹きやすいし、マスコミにとって重宝な(?)言葉。

考えれば、90年代の日本株のバブル崩壊、2000年のITバブル崩壊は、ともに「今回は違う!!時代は変わり、この上げ相場は構造的に続く!」との楽観的なムードが醸成され、それがしばらく続いた後、突然「線香の灰がポロリと落ちるように」暴落が始まった。今回のサブプライム問題の住宅バブルも、同じようなもの。

「バブルだバブルだ」と多くが騒いでいる間はバブルなんて仰々しいものではなく、ゆえにバブル崩壊はない。相場が下がっても、多くは調整にとどまる・・・相場はそういうもの。これが当方の見解。現状、バブルだと警告している人が何人もいること自体が、逆に相場上昇を慎重にさせ、相場を長持ちさせるのではないかと。繰り返しますが、「この上げは構造的に続く」とのムードが楽観的な醸成された後が怖いということ。マスコミで、警戒論者の声が打ち消されるようになってからが怖い。

え?今回の上海株の上昇局面で、「上昇は構造的」とのムードが既に醸成された?(笑)
そんなことはないと思うが・・・・今後醸成されていくのではないかと・・・・

まあ、株価のバリュエーションは見ておいたほうが良いでしょうけどね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)