堺屋太一「凄い時代」

堺屋太一氏の新著「凄い時代」。日経新聞でこの本の広告を読んだとき、これはmust buy だなと思いました。本日これを買いまして、少し読みすすめたところです。

表紙と表紙の帯には、「凄い時代」・・・勝負は2011年世界不況いまだ止まず・・・・「二番底のあとにはまったく新しい世界が」と記載されています。株式投資家の立場からは、これは穏やかではないですね(笑)。以下、「金融不況から実態不況へ」の記載を少し紹介します。

金融危機は地震に似ている。騒ぎ出したときには、揺れはもう終わっている。(中略)だが、それで危険と苦痛が終わるわけではない。大地震の場合、高度に発達した都市では、その後のライフラインの途絶による被害と苦痛がはるかに大きい。経済も同様で、世界は「救援、復旧、再建」の長くつらい道を歩まなければならない。

しかしながら、どうやら必ずしもネガティブな話ばかりというわけではない。2011年を境に、世の中が大きく変わるというのがこの本のテーマのようです。氏の「地価革命」の延長線上の話のようにも思える。いずれにしろ、これから読み込んでいきます。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)