トヨタ産業技術館

浜口です。出張先での博物館めぐりは良いもの。松下幸之助歴史館とかね。吉田松陰歴史館も感動した。

今回は先般名古屋出張の折、トヨタ産業技術館に行ってきました。少し前の日経新聞土曜日版の『日経PLUS1 何でもランキング 家族で楽しめる産業遺産』に、この産業技術記念館がランキング第7位となっていた。これは面白そうと思い、行ってきた。同紙では「トヨタグループ発祥の地、旧豊田紡織本社工場の外観が残る。動いている自動織機の見学も』 と紹介されていました。これが結構楽しめましたね。

館内は繊維機械館と自動車館に分かれている。繊維機械館は、豊田紡績・豊田自動織機の世界で、大正・昭和初期の紡織工場の世界。紡ぐ・織る 初期の道具から機械、さらに現代のメカトロ装置の繊維機械約90台が展示されてます。あと、女性コンパニオンが木製人力織機を動かし、機織りをするデモンストレーションもあった。

自動車館はもちろん、トヨタ自動車の世界。大きな体育館に、自動車工場がまるごと入った感じ。「材料試験室・試作工場」「自動車のしくみと構成部品」「自動車技術」「生産技術」、4つのゾーンから構成されているとのこと。鍛造・鋳造・切削3つの金属加工作業の実演が印象的だった。鉄を高温に熱し金型を当て、型抜きをし自動車部品を作るんですね。

総じて、昭和の時代の工場にタイムスリップした感じ。日本の高度成長時代が強くイメージされ、また車も、織機も、根っこの部分はアナログであることがよくわかった。あと、車を作るうえでは、金属加工を行う工作機械(銘柄コードで言えば6100番台)が非常に重要であることを、あらためて再認識させられましたね。ということで、日本株の銘柄再発見にもとても役立ちそう。

行ったのは土曜の昼でしたが、結構来館者がいましたよ。まず、オタク風高校生が来ていて、メカにシビレていた。こんな純粋な高校生もいるんだなと思った。あと中国人ご一行も多数いたな。あと女子大生の団体も来てました。「もう就活終わった?」「私は秋までやることになった」などの会話をしていたね。そして「OO商工会、工業建設部会ご一行様」と正面に書かれた観光バスも、駐車場に止まっていましたな。

場所はJR名古屋から名鉄で一駅乗った栄生駅から徒歩3分。1時間もあれば十分回れます。トヨタの歴史・底力が伝わる。お勧めです。「トヨタは日本の誇り」を再確認。この銘柄を買うかどうかは別ですが。

今度は国産車・外車を含め、歴史的な展示が凄いらしい「トヨタ博物館」に行ってみたいなと思った。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. こんばんわ。毎回拝見しています。銘柄(最小単位)持っているのに技術観見ていません。逆に名古屋市地下鉄伏見を出ると中部電力「でんきの科学館」があり、電力王福沢桃助と日本で最初の女優「川上貞奴」とかがひっそり展示されています。2年程早く紹介されていたら見学していたのが感想です。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)