「このままだと」2番底?

先般紹介しました堺屋太一氏の新著「凄い時代」ですが、やはり示唆に富んでましたね。

うなずかされるところがいくつもありましたが、この中で特に目を引いたところを一点紹介します。「中国の不況は初期的調整。一年で立ち直る」というところ。以下、ポイントを。

1. 今、中国が経験するのは「初期的調整」。経済の工業化初期に、一時的な需要停滞で生じる成長鈍化の現象である。
2. 日本はこれを1965年、東京オリンピックの翌年に経験した。韓国は83年の冷害の年にそれを迎えた。東南アジアの国々は、97年のアジア通貨危機がそれであった。いずれの場合も「谷」は深かったが、期間はほぼ一年だった。

まあ、そのとおりなんだろうなというところですね。

さて一方でこの本の副題は、「勝負は2011年」。先進国では2011年にかけ、このままだと金融不況から実態不況へ、「2番底」が来ると指摘しています。まあこのような2番底シナリオを唱える向きは多いですけどね。大恐慌のときのアメリカも、バブル崩壊後の日本も、「2番底」があった。

ただし「このままだと」ということがポイントのように思われます。大恐慌時のアメリカ・バブル崩壊後の日本など、過去の事例とその学習効果もあることから当然、「このまま」無策で終わる可能性は高くないようにも思えます。加えて前述のように、中国経済は一年で立ち直るとの見方。これが世界経済を牽引するとは言わないにせよ、2番底が仮にあってもマイルド化させる。

マイルド化に貢献する度合いは?これはまあ、現時点では、わかりませんけどね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)