日本株は成長する中国からの恩恵がとても小さい?

浜口です。日本株は、調整中ですね。まあここ数日は場が開いてないが・・・。

9月20日付日経ヴェリタスに、「日本、銀行株が足引っ張る」という、バンクオブアメリカ・メリルリンチ世界株チーフ・ストラテジストのマイケル・ハートネット氏なる人物のコメントが掲載されてました。少し気になったな。
足元の株式市場は、銀行株が足を引っぱってる・・・この点はその通りなんですが、????と思ったのは、「日本株は、成長する中国からの恩恵がとても小さい」とコメントしている点。本当にそうかな?

以下、恩恵が小さい理由が書かれているのでそのまま引用すると、「中国の経済成長が国際商品価格を押し上げているが、エネルギーと素材株が日本株全体に占める比重は1割にも満たない。2~3割を占める米欧や新興国に比べて明らかに見劣りする」ということなんですね。それ以外の理由には言及していない。

でもねえ。「成長する中国」からの恩恵が、国際商品価格の上昇だけと限定して考える前提は、極端過ぎやしないのかな?どうなんだろ?

一例ですが、中国はインフラ整備のため、建設機械を大量に輸入している。その恩恵に浴しているコマツのような企業もある。あと中国は今後長期的に、世界最大の消費国にならんとしているわけで、そのメリットを日本企業も受けることになる。

つまり日本企業においては、日本国内の内需のみで完結している企業を除いては、程度の差こそあれ、さまざまな形で中国経済の恩恵を受けることになると思うが。

ちなみに中国株投資の王道で紹介したバートン・マルキール氏は、ハートネット氏と逆のことを書いてますよね。曰く、日本株・台湾株は、中国株の代替投資先になり得る。中国の未だ不安定な個別企業への投資に躊躇する向きは、経営のしっかりした日本株で中国の経済成長の恩恵を大きく受ける銘柄への投資で、中国株への代替が可能との趣旨。

こちらの考え方のほうがすんなり来るけどな。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)