日本郵政の社長人事にはたまげましたね

浜口です。今日現在誰からもコメントがないので遅ればせながら書きますが、日本郵政の社長人事にはたまげましたね。官僚の象徴でしょ?
元大蔵事務次官の斎藤次郎氏。東京金融取引所、以前の「金先」に天下りした人ですよね。

官僚出身ながら民間の経験もあるとの説明があったが、東京金融取引所というと、要は大蔵から東京証券取引所に天下りしたのと大差ない。まあ東証は株式会社の体裁はとってますが・・・

「脱官僚政治」を目指す方針下、「Mr.大蔵省」といわれた経歴の人に任すのであれば、民主党は人選の経緯について、誠意を十分持った説得性をもった説明があってしかるべきと考えるが・・・・実力本位というだけでは、説明不十分ですよね。

外人投資家の日本株に対する反応が怖いですね。そしてこれで鳩山内閣の支持率が下がらないようだと、それも怖いな。本当に。

なんか、日本が間違った方向に行っているような気がするが。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. もりやん says:

    こんにちはいつも楽しく拝見しています。
    3回目の投稿です。
    民主党政権になってから株価は
    もたついて円高に2ヶ月ぐらい
    なっておりました。
    政策を見る限り株価や為替に
    悪い影響を与えるモノばかりです。
    外人投資家は政権交代で一気に
    投資意欲を無くした様に思えます。
    投資意欲を無くして当然です。
    鳩山首相は国益を全く無視して
    できもしない公約を国連総会で
    して無料で技術援助などを約束して
    友愛の美名の下に領海侵犯を繰り返す
    中国や韓国に媚へつらっています。
    不思議な事にマスコミは民主党の
    都合の悪い事は報道しません。
    東京地検特捜部に頑張ってもらって
    鳩山・小沢両氏を逮捕して解散総選挙にでも
    なり自民党が政権を取れば株価は上がり
    円安になると希望的観測をしています。

  2. 同感です。
    マスコミが大きく反応せずに、色々なことが見過ごされている印象を受けて空恐ろしくなります。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)