鉄道で車窓をより楽しむ法

角山さんの紅葉のJR只見線はすごい混雑、楽しく拝読しました。只見線は本数が少ないうえに乗継が悪いので、相当気合を入れて、「乗りに行く」つもりで行かないと叶わないですよね。

すごい混雑、これと同じような状況を、当方は昨年、山陰本線の餘部鉄橋近くで経験しました。香住カニを食すで書きましたが、カニ喰いツアーと重なったようです。まあ一駅だけでしたが。

秋、特に10月後半から11月前半は行楽シーズンですよね。紅葉ですし、空気が澄んでいて晴れが多く空が青い。景色の見え方が一年の中でもきれいだと思います。

さて
ある線の車窓に関し、たとえば只見線なら「小出に向かって右側が良い」「いやいや左側が良い」と、意見が分かれることがあります。この理由なんですが、話を聞いてみると意外にも、「日当たりの向き」が大きく影響していることが多いんですね。

一例ですが、先日当方が実感した、中央本線新宿ー松本間の日帰りのケース。午前中の下りの移動では、松本方向左(西向き)の車窓が良かった。太陽の光がきちんと当たるから。逆に東向きは逆光になるので影が入り景色が鮮明に見えない。これとは逆に午後の上りの移動は、新宿方向左(東向き)が日当たりが良い。西日が当たると、景色は鮮明。車窓の印象が、想像以上に違いが大きいんですよね。

太陽は東から上がって西に落ちる。電車の指定席を取るときにはこの状況を踏まえ、日当たりを考えて予約することをお勧めします。まあ、「テツ」向けの話ですが。

え、相場??
太陽は東から上がって西に落ちるの繰り返し。株式市場は人気化したり不人気化したりの繰り返し。循環する銘柄をバリューを見つつ不人気なタイミングを買っておけば、やがて日が上る・・・これが運用の基本だと思う。

上総介氏の投資手法を期間限定で初公開!

250万円で始めて2億円を稼ぎだした人気トレーダー上総介氏の投資手法を動画で初公開しています。期間限定の公開となりますので、お早めにご覧ください。
slide1
【2月7日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「15分で約27万円の利益をあげた逆張りトレード手法」
1回目の映像では13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 専業投資家の上総介氏が実践している投資方法の中からデイトレードについて 非常に有効な方法を事例や根拠とともに紹介しています。

【2月11日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「上総介の2%ルールとは?」
2回目の映像では上総介氏がスイングトレードにおける、 損切りやポジションサイジング、また、利益確定の位置などの設定方法を 具体例を用いてお伝えいたします。その他、投資の正しい考え方や、 人間心理の理解についても合わせてお話します。

【2月14日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「利益を最大化する防御の理論」
3回目の映像では上総介氏が自身のトレードの土台としている 「防御の理論」について、その理論や考え方についてお話します。 この防御の理論は13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 上総介氏の成功の秘訣となっていますので必見です!

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)