恵比寿・新橋レシオと鍋ブーム

2月13日号の東洋経済の「検証!実感景気VS景気指標」は結構面白かったですね。身近にあふれる景気判断のヒントということでここで紹介されている指標やテーマが、なんとも社会のご時世的な側面を捉えており、もっともらしくて笑えるんですね。

例えば、大和証券キャピタルマーケッツの吉野貴晶氏が唱える「恵比寿・新橋レシオ」。これは恵比寿駅乗車人数÷新橋駅乗車人数のことなんですが、これとTOPIXには強い正の相関関係があるというんですね。以下は本の説明とはやや異なり当方の解釈ですが、要は株価が上昇するような景気が良いときには、おしゃれな恵比寿界隈のレストランでリッチなワインdinnerのニーズが高まる。一方で株価が下がるような沈滞ムードのときは、新橋の立ち飲みかガード下などの安居酒屋あたりでストレス発散するニーズが高まる。こんな関係なんだろうと考えます。

あと景気後退局面では、鍋料理が人気化するんだそうな。曰く、80年代のバブル崩壊後の92年はもつ鍋ブーム。ITバブル崩壊の2000年にはキムチ鍋ブーム、そしてこのたびは2008年からカレー鍋、トマト鍋がはやっており、第三次鍋ブームなんだそうな。

当特集では、景気後退局面では、会社員などの懐が寒くなって外食を控え、家で食事をするケースが増えるためという見方が少なくないと説明されてました。そうなのかな?もつ鍋ブームのときは、外食が多かった。バブルが崩壊し一転、あまりお金がかからないもつ鍋レストランが相次いで出来た。銀座通りにも、「もつ鍋元気」なんて店が出来た。で、その流行が廃れたあとは、多くが新たに流行したしゃぶしゃぶレストランに変わった。こんな記憶があるのだが・・・・とはいえまあ、「不況に鍋」という傾向は、確かにあるのかもしれませんね。

私?景気とは関係なく(笑)、最近は黒ホッピーの焼酎割りをよく飲みますね。カロリーも低いらしいし。ホッピーも昔は日雇い労働者の安い焼酎割りのイメージがありましたが、最近は広く市民権を得るようになった。OLさんも会社帰りに飲むらしい。時代が変わったものだ。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)