10年前の35歳より年収が200万円も低い

浜口です。ネットサーフィン(古い!)をしていてたまたま見つけた投資十八番というHPの中にあった
なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか-”35歳”を救えから一部引用。

低所得化の現実を示す統計として総務省のデータ[就業構造基本調査]が引用されていました。これによれば、1997年と2007年の30~34歳の男性の年間所得に大きな変化が起きていることがわかります。1997年には500万円~600万円台が最も多かったのに対し、2007年にはこれが300万円台となり、年収のピークが200万円以上も低くなっています。さらに、終身雇用が、すでにこの世代にとって過去のものとなっている実態も明らかになっています。転職経験がある35歳が実に66%もいるのです。つまり彼らの3分の2が転職経験者ということになります。
 しかし、その転職が必ずしも収入増加に結びついていない現実も示されます。また、35歳の正社員の実に69%は、これからも「収入が増えないのではないか」と不安視しています。彼らの親世代である「団塊の世代」が同じく35歳だったとき、そのような不安を抱いていたでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一言、厳しいですね。今の30~34歳の男性。

よりわかりやすくするため80年代後半から90年にかけてのあたりと比較すると、生活水準という点からは、独身であれば現在のほうが向上してる部分が多い。当時はまだ、ネットも携帯も薄型テレビもなかった。一方で当時は、スーツもジーンズもPCも、価格が今の2倍3倍もしていた。また女性が今ほどフランクではなく(?)、車とかスキーとかクリスマスとか、こういった点でも何かとコストがかかった。

故に今の30代は、以前ほど金がかからなくなってるのは間違いない。一方で収入との見合いでは・・・・・・うーむ、やはり厳しいか。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)