4月5月はファイナンスが少ない

日本株は、4月から5月にかけ上がりやすいアノマリーの存在が言われてます。背景はいくつかあるんでしょうが、その一つに、エクイティファイナンスの季節性があるようですね。

1月22日付けメリルリンチ日本証券菊地正俊氏レポート「目先調整も5月にかけた強気維持」の中で、4月と5月はエクイティファイナンスが少ないことを示すデータが掲載されてます。97年から2009年までの平均を見ると、確かに1月、4月、5月の「上がりやすい」といわれている月は平均件数で10件ぐらい。一方で多いのは12月で、平均件数で35件ぐらいといったあたりです。

4月と5月が少ない理由は:
1. 3月決算企業の財務部は決算の〆め、発表、総会と6月にかけ大忙し
2. 3月決算企業の決算発表は5月であり、インサイダー情報の管理の点でこの時期は避けたい

との背景があるんでしょうかね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)