アメリカの商業用不動産下落

「アメリカの商業用不動産が下げ止まらないようだが、経済・株式市場は大丈夫なのか」という質問を投資家から受けることがよくあります。このままだと不動産下落⇒アメリカ金融機関の不良債権増加のネガティブスパイラルが進む一方ではないのかというんですね。

以下のように答えてます。「基本的にはご指摘の悪循環が続いているのでしょう。実際足元では、アメリカの地銀の破綻が高水準です。でもこのような中、昨年前半以降アメリカでは株価・REIT価格とも底打ちしている点をどう考えますか?
そしてラフに言えば、以下のような整理をしてます。」

1. 株価・REIT価格は実体経済に約半年先行
2. 不動産市況は、実体経済に約半年遅行
3. 不動産市況は、経済の遅行指標たる失業率との連動性が比較的高い。
4. ゆえに商業用不動産価格が下落しながらREIT価格が底打ちしている状況は、流れとしては不自然ではない。市場は不動産市況の最悪期を織り込んだとの解釈も可能。

「それでも相場が間違ってるというのであれば、空売りしたらいかがですか?」と最後に付け加えます。別に意地悪で言ってるんじゃない。実際、相場が行き過ぎる可能性は、常にありますんでね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)