九大本線ゆふいんの森・ゆふDX

浜口です。先日経済の講演で長崎⇒大分、福岡⇒大分と、2回ほど九大本線(由布院駅がある線)に乗る機会がありました。鉄オタの方はピンと来るでしょう、ここには2本のテーマ型特急が走ってますよね。これに乗ってきました。
まずは上「ゆふいんの森」、下「ゆふDX」の写真を。
091022ゆふいんの森.BMP
091120ゆふDX

両列車とも、乗客のほとんどは観光の中心である由布院で降りてしまう。ゆえにその後大分まではガラガラ。然して、「ゆふいんの森」「ゆふDX」両列車とも、一番前展望席に座ることが出来ました!これは、鉄オタの方なら「おお!」と声を上げて理解してもらえるなかなかの快挙!この展望席は競争率が高く、なかなか切符が手に入らないんですね。下記が証拠写真。「ゆふDX」から。

091120ゆふDX車窓.BMP

両列車とも当然、展望席の眺めは最高。運転席のごとく抜群のリアリティと、前・左右と車窓の見所に逐一対応でき、景色独り占め状態が素晴らしい。九大本線のような非電化区間は電線がない分、さらに前車窓の見晴らしが良い点も魅力。

お勧めなのは、圧倒的に「ゆふいんの森」のほう。この列車独自の車内販売・車窓見所の解説放送・アテンダントさんによる写真撮影サービスは、この列車独自のもの。それに比べると「ゆふDX」は、普通のジーゼル特急に近い印象でした。

しかし・・・・・展望席は乗り心地がすこぶる良くない!!これには驚いた。一番前は車両の端なので、車両の振動がシーソーのレバレッジがかかるかの如く、ものすごく多いわけです。先頭に限らず、列車の両端は通常出入り口になっており、人は座らない。ゆえにここの揺れの大きさを、通常はなかなか実感することがない。

「ゆふいんの森」は、線路のつなぎ目がガツンガツンきた。一方で「ゆふDX」は左右の振れが大きかった。昔小学生の遠足のころ、「車酔いしやすい人は車両の真ん中に座るべし」といわれていましたが,列車も同じなんだな。真ん中あたりは振動を打ち消しあうことで、乗り心地が良くなる。「ゆふいんの森」「ゆふDX」、その他、観光特急の展望席を狙う向きは、この点は注意をしたほうが良いですね。ご参考まで。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)