成長している上海の象徴、浦東(プードン)地区

浜口です。3泊4日上海視察の印象を。

上海の繁華街は、エネルギッシュで相当ぶっ飛んでいるという点で、香港に似ている。その中で特に成長している上海の象徴である浦東(プードン)地区のぶっ飛び方は想像以上、常軌を逸している。以下はgoogleで検索した浦東の写真です。

shanhaishasin5ac768bf.jpg

浦東地区は上海の金融が多く集まる。マスコミでもよく映像が出てくるが、ビル群がとにかく凄い。80~100F建てクラスが乱立しつつある。ちなみに東京では丸の内のビル群、例えば丸ビルは36F建てですよね。そして香港みたいに狭苦しくない。物凄いスケール感。晴れていると、遠くのビルに青霞みがかかるほど。

ガイドブックで「最旬スポット」とあるのは、浦東地区で最も高い101階建てビル、SWFC(上海ワールドフィナンシアルセンター)。←ぜひクリックしてください。浦東のダイナミックさが良くわかる。

写真の中で、栓抜きのようなかたちのビルがSWFC。ここの上層階は高級ホテルパークハイアット上海。87Fのコーヒーラウンジ(Living room)でカプチーノを頼んだ。さていくらだろ?確か日本のペニンシュラのコーヒーは1500円ぐらいだったと思うが(パークハイアット東京も同程度?)。

上海の物価は総じて、日本の1/3~1/4の印象。香港より安い。でもここなら、一杯2000円、2500円ぐらいしても不思議ではないムード。しかしお会計は、55元(約770円)だった。意外に「冷静」な値段。ちなみに香港のペニンシュラのコーヒーはいくらだったろ?・・・・

濃厚なカプチーノを味わっていると、身長170cm超の8頭身超美形女子stuffが、ソファにいる当方に無料の日経新聞を持ってきてくれた。日本人客と感じた配慮からなんだろうが、やはり上海金融街にあるホテルならではと認識。ちなみに上海では、日経は買えば一部500円ぐらいとの話。ただしコンビニでは見当たらなかったが。

以下、関連ネタを箇条書きで。

・浦東地区は以前、「上海で最も遅れた農村地区」であったが、80年代後半以降、主に外国資本の投資により開発がスタートしたとのこと。
凄い話ですね。上海らしいのかな。

・上海は町全体に若者が多いのが印象的。特に働いている人は若者が多い。販売の売り子やホテルマンなども含め、メンタリティはみな証券営業マンの印象。元気な若者が、上海を目指すのか?

・街中の車は、80%ぐらいが外車。VWが最も目立つ。日本の主力メーカーがスズキを除きこぞってアメリカ進出した一方、VWは中国に注力したからとのこと。先見の明あり、VW。あとなぜか、GM(ビュイック)も多かった。これは意外。GMの破綻前後も、売り上げはあまり落ちなかったとのこと。何でだろ?

・タクシーもほぼすべてがVWのサンタナ。ただしこれは上海だからで、北京のタクシーは韓国ヒュンダイが多いらしい。

・上海はとにかくありとあらゆるところが工事現場。日本の高度成長時代もこうだったんだろうな。建設セクターは買いという気持ちになりますね。必然的に。

・上海(中国)を成長国とすると、日本は勢いを失った成熟国であると、いやがうえにもそう思わされる。上海の人に比べると、日本人は若者も中年もゆっくり動く。そして表情がつらそうな人が多い。帰国し東京の地下鉄に乗って、そう思った。

上海の郊外の田舎(水郷・朱家角)や日本人が多く滞在する虹橋地区の飲食も良かった。上海雑技団も感動的だった。上海がとても気に入った!
まだまだ書くことはいっぱいある。でも、キリがないのでこの辺で。夜アテンドしてくれた高校同級生に謝謝。みなさんも時間があれば、ぜひ一度上海へ。東京―博多の2倍ぐらいの距離だと思う。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)