日本がデフレ=円高?

浜口です。あらためて考えてみたい。日本経済は巨額の財政赤字、少子高齢化の構造問題を抱えているのに、なぜ円高なのか?

野村證券の木内ストラテジストは、「円高の原因はデフレにある」とコメントされてますね。

曰く、物価が下落している円は、持っているだけで資産としての実質的価値が着実に高まることになる。また購買力平価の考え方に基づけば、デフレの国の通貨は他の国の通貨と比較して、増価しやすいと。

日本がデフレ=円高という考え方。そういうもんか。日本がディスインフレ=円高ならわかりやすいが。デフレで一国の通貨が上がるものかな?やや違和感がなくもないが・・・・。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 円高はデフレが原因とか、あまりにデタラメな話だ。原因は米国が不景気になり始めると、円高にして米国の製造業の不振の緩和に使うためと、日本からの低金利の資金を取り込むためにおこなうためなのだ。ヘッジファンドと米国政府は景気が悪くなるとあうんの呼吸で円高にするということだ。中国がなぜあれほどまでに元高を嫌うか、よく考えてみてもらいたい。この4年間で日本は為替が30%も切り上げられれば、輸出企業がどれほど苦しむか、わかっていない。逆に為替が切り下げられたほうは、どれだけ楽になるか。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)