主要国の輸出依存度

浜口です。下記の通りNKさんから、日本がデフレ=円高?内の野村證券木内ストラテジストの意見に対し、コメントをいただいていました。これに対する情報提供ですが、米国の輸出依存度については、実際にはそれほど高くはないようです。

データとしては少々古いのですが、日本貿易会月報 2007年7.8合併号に2006年の主要国の輸出依存度が掲載されています。ご参考まで記します。

2006年の主要国の輸出依存度
(財の輸出金額/名目GDP)

シンガポール 205.9
タイ 63.4
チリ 39.5
ドイツ 38.4
韓国 37.2
中国 36.9
ロシア 29.8
フランス 21.9
イギリス 17.8
日本 14.8
アメリカ 7.8

出所:日本貿易会月報 2007年7.8合併号

ドイツは輸出依存度が高く、ここもとのユーロ安メリットは大きいことがわかる。日本は意外に低い。アメリカは7.8%。ちなみに1996年の数値は8.0%とほとんど変わっておらず、低位が続いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
円高はデフレが原因とか、あまりにデタラメな話だ。原因は米国が不景気になり始めると、円高にして米国の製造業の不振の緩和に使うためと、日本からの低金利の資金を取り込むためにおこなうためなのだ。ヘッジファンドと米国政府は景気が悪くなるとあうんの呼吸で円高にするということだ。中国がなぜあれほどまでに元高を嫌うか、よく考えてみてもらいたい。この4年間で日本は為替が30%も切り上げられれば、輸出企業がどれほど苦しむか、わかっていない。逆に為替が切り下げられたほうは、どれだけ楽になるか。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)