主要国の輸出依存度

浜口です。下記の通りNKさんから、日本がデフレ=円高?内の野村證券木内ストラテジストの意見に対し、コメントをいただいていました。これに対する情報提供ですが、米国の輸出依存度については、実際にはそれほど高くはないようです。

データとしては少々古いのですが、日本貿易会月報 2007年7.8合併号に2006年の主要国の輸出依存度が掲載されています。ご参考まで記します。

2006年の主要国の輸出依存度
(財の輸出金額/名目GDP)

シンガポール 205.9
タイ 63.4
チリ 39.5
ドイツ 38.4
韓国 37.2
中国 36.9
ロシア 29.8
フランス 21.9
イギリス 17.8
日本 14.8
アメリカ 7.8

出所:日本貿易会月報 2007年7.8合併号

ドイツは輸出依存度が高く、ここもとのユーロ安メリットは大きいことがわかる。日本は意外に低い。アメリカは7.8%。ちなみに1996年の数値は8.0%とほとんど変わっておらず、低位が続いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
円高はデフレが原因とか、あまりにデタラメな話だ。原因は米国が不景気になり始めると、円高にして米国の製造業の不振の緩和に使うためと、日本からの低金利の資金を取り込むためにおこなうためなのだ。ヘッジファンドと米国政府は景気が悪くなるとあうんの呼吸で円高にするということだ。中国がなぜあれほどまでに元高を嫌うか、よく考えてみてもらいたい。この4年間で日本は為替が30%も切り上げられれば、輸出企業がどれほど苦しむか、わかっていない。逆に為替が切り下げられたほうは、どれだけ楽になるか。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)