昔の野村證券が復活?

ふりーぱぱさんが、野村證券の回転売買について書かれてました。ご指摘のとおりと思います。「数字が人格」と言われた、昔の野村證券のやりかたが復活しつつあるということを、最近良く耳にします。
運用業界でも、野村證券の回転売買は非常に話題になっている。こういうことも聞こえてくる。ご参考まで。
例えば投信運用会社A社が運用している投信(乙としましょう)、これを野村證券が「取り扱いたい」と言って来る。A社は「野村のダントツの営業力で、投信乙を熱心に売ってくれるぞ!」と無邪気に考え、投信乙の販売会社として、業界トップの野村證券を加える。
しかし野村の事実上の狙いは、近隣のB銀行に預かりになっているA社の投信乙だったりする。投信乙の販売会社になったことで、野村はこの投信を自身の預かりに移管させることが可能に。野村の営業マンは、B銀行で投信乙を保有している投資家に猛然とアタックをかけ、投信乙を野村に移管させた後で、回転売買の対象にする・・・・
投信が解約されるA社、移管により資産流出する近隣B銀行は、当然怒りますよね。
仮に以上が事実とすると、これは行儀が悪い気がする。まあ、好ましいこととは思われませんね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)