証券会社が日本株を勧めなくなってる

浜口です。先般、ある大手証券会社の支店長さんと話をしたんですが、この支店ではもう、日本株を積極的に勧めてないとのこと。1に投信、2にアジアの個別株式なんだそうです。
理由は明確、手数料。投信は、特に新興国ものなど高リスク系は3%と高い手数料が取れるし信託報酬ももらえるので、こちらを重点的に営業する。
アジアの個別株式はもっと手数料が高く、さらにおいしい。為替の手数料も含めれば、インドやインドネシアあたりは、往復で8%近く取れるとのこと。ただし証券会社の対面販売は、年配の人、女性が多い(若中年男性は、ネット証券が多いですよね)。このような人たちにアジアの個別株は、リスクが高すぎなので、そうそうは勧められない。相場が逆に行ったときの苦情対応が大変だから。だからアジアの個別株は、投信ほどは裾野が広がらない。その点で言うと、やっぱり優先順位は投信だって言うんですね。
一方で日本株は、90年代の規制緩和以降、手数料が低くなりすぎた。買いで取れる銘柄も少なく、回転が効かない。今後、日本株が上がる局面もあるでしょうが、そういう時はアジア株も上がるでしょうし、手数料はアジアのほうが高いので、どうしても日本株が2の次に・・・・ということでしたね。
証券の支店は、手数料が上がりやすいのはどんな運用資産かを、常に追求していく。顧客にも儲けてもらいたいが、それは顧客が儲かることで、「次はこの投信で」と回転が効き、また手数料が取れるから。長期成長シナリオを高らかに掲げ勧めた投信なのに、2ヵ月後は乗換えを勧めたりする。
このあたりの姿勢は、昭和の時代から変わりませんね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)