1867年

浜口です。皆さんはこの3連休、如何にお過ごしでしょうか?
昨日のNHKの龍馬伝。高杉晋作が亡くなるシーンがありました。今後、坂本龍馬は途中で暗殺されますが、1867年の大政奉還に向け、維新の動きが加速する展開になる。
さて調べ物をしていたら、この大政奉還の1867年は象徴的な年。欧州でも下記のようなことが起こってる。
・ドイツでマルクスが「資本論」第一巻を出版。
・アンリ・ネストレがスイスにチョコレート工場を建設(後年のネッスル社)。
江戸時代後半にはもう、マルクスが資本論を書いていた!日本の100年近く先をいっていたイメージなのかな?欧州は。この時点で。
日本では、経済学なんてもの、考え方など全然ない、黒船が来てさあどうしましょう、そんなレベルですよね?
欧州から見ると、日本は、新興国みたいなもんだったんでしょうね。江戸時代の鉄砲などの武器、明治時代の工業化の設備も、多くは欧州から買ったもの。たしか官営製鉄所が前身の八幡製鉄(新日鉄)も、多くはドイツから導入した設備で開始したはず。
翻って今、日本はアジアに工作機械などの設備を輸出していて、それもありアジアが「世界の工場」に・・・。順番ですかね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)