付加価値とはどういうことか

林則行さんの本「株の公式」(ダイヤモンド社)を献本していただきました。さすがに読み応え十分ですね。お勧めできます。参考になる部分が随所にあります。例えば下記。
付加価値とはどういうことか。
スターバックスでハウスブレンドを買うと、250グラム1100円です。一方、東京穀物取引所に上場されている豆(アラビカ種)を同量買うと、80円程度です。これは海外で栽培・収穫された生豆を日本まで運んできたときの値段です。もちろんスターバックスの豆は取引所で取引されている豆よりも高級でしょうが、それにしても1100円にまで化けるのです。ここに付加価値の秘密があります。
普段、口にするブレンド豆はいろいろなコーヒー豆を混ぜ、酸味や奄美、苦味を調整します。このブレンドの良否で価格が決まります。この過程がもっともノウハウが必要なところであり、ここにお金を払っているのです。これが付加価値です。
そして氏は、「ソニーやパイオニアが儲からなくなってきた。これらの会社の秀でた技術や経験部分が、新興国のライバルでもできるようになってきていて、利潤が取れなくなっている」としています。
つまり、「ブレンドの付加価値」にあたる部分の魅力が低下しているということ。なるほどなあと思わされる視点ですね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)