日経平均、予想高値は1万9500円程度?

本日の日経ヴェリタスで、ITCインベストメント・パートナーズの岡崎良介さんが、日経平均の予想高値は1万9500円程度。14年にピーク、1万8500円~2万500円との分析を披露されてましたね。
「循環論で占う上昇相場の行方」という寄稿の2回目。おおまかな根拠は下記。
①これまでのアメリカの経済危機(世界恐慌・石油危機・ITバブル崩壊)におけるアメリカ株の「危機時の下落率」を横軸、「回復後の上昇率」を縦軸としグラフを作成すると、右肩上がりの直線が引ける(つまり相関係数は1)。この直線(回帰直線)の算式から逆算すると、SP500はここもとのサブプライム問題後のボトムから2.55倍の水準までの上昇が見込まれる。将来予想される高値は1700。現在は1300なので、400ほど上昇余地がある。
②アメリカ株と日本株も相関関係が高く、相関係数は0.792。これを踏まえ、①のアメリカ株の回帰直線算式を日本株に当てはめ作成し逆算すると、日経平均の予想高値は1万9500円程度と算出される。
③岡崎氏はアメリカ株の高値は13年終わりから14年初めと考えているので、日本株の高値もそのときと相前後する。
④最大のリスクは、中国のインフレ。
参考になりました。詳しくは、2月13日号の日経ヴェリタスをご覧ください。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)