日経平均、予想高値は1万9500円程度?

本日の日経ヴェリタスで、ITCインベストメント・パートナーズの岡崎良介さんが、日経平均の予想高値は1万9500円程度。14年にピーク、1万8500円~2万500円との分析を披露されてましたね。
「循環論で占う上昇相場の行方」という寄稿の2回目。おおまかな根拠は下記。
①これまでのアメリカの経済危機(世界恐慌・石油危機・ITバブル崩壊)におけるアメリカ株の「危機時の下落率」を横軸、「回復後の上昇率」を縦軸としグラフを作成すると、右肩上がりの直線が引ける(つまり相関係数は1)。この直線(回帰直線)の算式から逆算すると、SP500はここもとのサブプライム問題後のボトムから2.55倍の水準までの上昇が見込まれる。将来予想される高値は1700。現在は1300なので、400ほど上昇余地がある。
②アメリカ株と日本株も相関関係が高く、相関係数は0.792。これを踏まえ、①のアメリカ株の回帰直線算式を日本株に当てはめ作成し逆算すると、日経平均の予想高値は1万9500円程度と算出される。
③岡崎氏はアメリカ株の高値は13年終わりから14年初めと考えているので、日本株の高値もそのときと相前後する。
④最大のリスクは、中国のインフレ。
参考になりました。詳しくは、2月13日号の日経ヴェリタスをご覧ください。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)