デリバティブ損失、想定元本が約130兆円とは??

浜口です。
先週、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が2011年3月期決算で、約1400億円の最終赤字を計上するとの報道がありました。下にニュース内容を貼り付けておきますが、「累計の取引総額は、(中略)想定元本(名目上の元本)ベースで約130兆円に上った」というのに、当方は驚いた。桁が3つか4つ、違うんじゃないか?と。
約130兆円・・・デリバティブ取引で、両建て的な建て玉・売買が何重にも何重にも発生してるんでしょうが、それにしても、常軌を逸した張り方だったんでしょうね。
だって、約1400億円は、約130兆円の0.1%強に過ぎないでしょう?なんというポジションの持ち方。。。約130兆円って。。。そもそも、良くもそんな流動性が、市場にあったもんだな。あるいは、決め商いしたもんだな。
社長は引責辞任と報道されてるが、この巨額のポジションの存在、社長さん、知ってたのかな?
三菱モルガン証券、最終赤字1400億円に 11年3月期
デリバティブで評価損膨らむ
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が2011年3月期決算で、約1400億円の最終赤字を計上することが明らかになった。流動性の低いデリバティブ(金融派生商品)の評価損が膨らんだほか、財務改善に向けたリストラ費用がかさんだ。グループの証券持ち株会社が300億円の増資を引き受けて支援するが、親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は11年3月期の最終利益目標を維持する。
三菱モルガン証券は21日、11年3月期の最終赤字と増資計画などを発表する。証券取引等監視委員会は現在、同証券の検査を実施中。検査終了後に報告命令を発動し、巨額損失発生の経緯などを究明する方針だ。
損失の主因となったのは「スワップション」と呼ばれるデリバティブ取引。固定金利と変動金利を交換する権利を売買する複雑な金融商品だ。同証券は10年2月以降、この商品を売買。累計の取引総額は実際に受け渡しする現金を計算するために試算した想定元本(名目上の元本)ベースで約130兆円に上った。
すでに米金融大手モルガン・スタンレーが同商品を引き取ることで取引を清算したが、11年3月期に約800億円の損失を計上する。
三菱モルガン証券は財務基盤を強化するため、300億円の第三者割当増資を実施。グループの証券持ち株会社である三菱UFJ証券ホールディングスが全額を引き受けて資本支援する。
この結果、三菱UFJ証券ホールディングスの11年3月期決算は最終損益が約500億円の赤字となる見通しだ。
証券持ち株会社の親会社である三菱UFJフィナンシャル・グループはこの500億円の損失を連結決算に反映する。ただ、すでに業績に織り込み済みで、11年3月期に計画していた5000億円の最終利益目標は維持する。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)