ウイントンフューチャーズファンド

浜口です。
先般、Winton。システム運用は、バックミラーを見ながらの、車の運転とで書きました、その続きを。彼らの、運用手法を。
Winton社の旗艦ファンドである、ウイントンフューチャーズファンドは、1997年10月に運用を開始。2011年8月までの過去14年の運用成績は、13勝1敗。ファンドの手数料・成功報酬控除後の平均年間収益率は、16.9%。1997年10月に100だった資産は、2011年6月末には、800になっているとのこと。運用の特徴は、下記。ご参考まで。
・マネージド・フューチャーズ型のヘッジファンドとして、投資対象は、広く分散。現在、約120の市場を投資対象としてウオッチしており、この中から100~120銘柄に分散して、建て玉。どの銘柄に建て玉するか、ポジションの比率に関しては、コンピュータが、自動判断。ポイントは、十分な流動性があるかと、ここ一定期間、トレンドが発生しているかの2点。
・原則、全銘柄、システムによる自動売買。例外は、取引市場が自動売買に対応してないケースのみと。
・リスク管理に関しては、ボラティリティを見てるだけとのこと。資金のx%がなくなったら手仕舞いとか、そういうことではなく。建て玉がフォローでもアゲインストでも、相場のボラティリティが上がってきたら、コンピュータがポジションを適宜、縮小していくシステム。建て玉がアゲインストな場合は、早めにポジションを減らすシステムである模様。
・これまでのトレードの勝ち負け比率は、51:49。わずかに、勝率において、優位性があるシステムとのこと。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)