円は「隠れ基軸通貨」というが

浜口です。
浜矩子同志社大学大学院教授著の、「『通貨』を知れば世界を読める」~1ドル50円時代は、何をもたらすのか~PHPビジネス新書を読みました。
1ドル50円の根拠。この本によれば、日本の円は事実上、「隠れ基軸通貨」であるというのですね。背景には、日本が世界最大の債権国である一方、ドルはもはや、基軸通貨の座を放棄した。ユーロは、ドルが放り出した基軸通貨の立場を受け入れることをあきらめた。この2点があると、書かれています。
しかし。。。。円は短期的には、安全性が高い通貨であることは理解できるのですが、長期的には、どうなんでしょうか?
足元で、多くの市場参加者、特に外人投資家による円高の根拠は下記、ゆえに「有事の円高」「リスク回避の円高」が発生しやすい状況と考えます。
① 財務省によれば、2010年末における国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した日本の国の債務は、1000兆円に達するとのこと。この額は、確かに大きい。
② しかしその受け皿として、国内の個人金融資産が1400兆円超、存在する。ゆえに日本は、国債消化がほぼ国内で完結しており、ギリシャなどとは、真逆である。ゆえに円は、極めて安全性が高い通貨である。
しかし長期的には、次の3点から、「隠れ基軸通貨」前提は崩れていくと、考えますけどね。①国債発行残高は増加していく。②一方で個人金融資産は、多くを高齢者が保有しており、今後は資産食い潰しにより、減少する可能性が高い。③日本が世界最大の債権国である状況も、今後、資産食い潰しが進む過程の中で、日本人が海外に持っている株や不動産も、長期的には売却が進む可能性が高い。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)