紀伊長島・ホテル季の座。魚を食す。

浜口です。
先日、三重県は尾鷲で講演会を。その後、紀伊長島にあるホテル季の座(ときのざ)に泊まりました。
HPには「世界遺産登録の熊野古道の起点にたたずみ、熊野灘の雄大な海の情景を望む和の温泉リゾートホテル。地元特産の新鮮な旬の味覚をプリフィックススタイルで。お仲間同士、そしてご家族で、さまざまな寛ぎの時間をお楽しみください。」との記載が。
ここは魚がおいしい宿と、評判の良いホテル。行ってみたら実際、そのとおりでしたね。写真を。

nanki2
名古屋駅にて。ここから紀勢本線の特急南紀で、尾鷲まで。東京からだと、5時間近くかかる。実に、遠いな。

P1040829
ホテル季の座のレストラン、味処・楽天茶寮にて。
「ご夕食会席コースのメインディッシュは、レストラン入り口にディスプレイした、当日水揚げされた数種類の熊野灘の海の幸から、 御造り用に4種と「焼き又は煮付け又は唐揚げ用」に1種を自由に選び、 お好みに調理し、召上っていただくスタイルです。」との説明が。なるほどな。

P1040836
お造り。マグロ、シマアジ、ブリ、イシダイ、アオリイカ。魚、さばいた直後だからか、全体に、コリコリした食感でした。もちろん、文句なしに、旨しでしたよ。う~む、ビールとよく合う。

P1040842
鯛のあらだき。この鯛がまた。。。しみじみ旨し。レストランのイチオシ日本酒、伊勢誉とともに、いただく。う~む。芳醇と。

P1040846
大あさりのカッチン焼き。ここの地元料理だそうな。揚げた大アサリに、焼いたもちを乗せて、味噌をつけて、いただくと。日本酒と、実に良く、合いますな。

P1040854
ここ紀伊長島は、マンボウを良く、食べるんだそうな。。。ということで、マンボウを3種類の調理で。。。と、食感は、魚と貝の中間の印象。ホテルの人は、イカに似た食感と言ってました。。。珍味だな。

tokinoza2
ホテルの部屋。布団も敷いてもらいました。さて、温泉に、行ってくるかな。。。

P1040872
バイキングの朝食。焼き魚。ふぐ、カワハギ、太刀魚、おしもち、うつぼ、あじなどを、好きなだけ。テーブルの上で、炭火焼に。
なんとも、旨し。実に感動しました。中でも、焼きふぐの味わいときたら。。。よかよか。

kaibenntou
帰りの新幹線車内。名古屋高島屋のデパ地下にある魚屋さん、中島水産で買った「貝盛り合わせ鮨」を。コリコリ、シコシコっと、いただきました。で、ビールを、ゴキュっと。

ところで
このホテル、ビジネスユースで来てる人、当方ぐらいしかいない。原則、二人以上でしか、泊まれません。今回は、「そこをなんとか」と交渉し、泊めてもらったわけなんですが。。。ゆえに宿泊代は、出張旅費の上限をオーバー。。。う~む。
まあ、たまには、いいよな?マンボウも、食べることが出来たし。悪くないって。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)