広島・岡山に出張・・・山陽本線の鈍行

浜口です。

株式市場は、中途半端。量的緩和第3弾いつ 消化不良の米市場とのことですが・・・。まあ、当方、悲観はしてませんけどね。どうなるか、高見の見物とな。株式はそこそこ、買い玉を持ったままです。

今回は、テツの話。先月、広島・岡山方面に、日帰りで行って来ました。仕事の合間は、ちょっとした夏休み気分になれましたね。そのときの写真を。

sm1
羽田から広島に向かう途中のJAL便から、撮った写真。天気が良く、青が濃く、撮れたなと。小さいが・・・浜名湖が見える。その向こうは太平洋、遠州灘ですね。空と海との境目、わかりますか?

sm2
やはり、行きの飛行機から。夏の富士が撮れた。夏の雲も。

sm4
fukuyama5.JPG
広島の仕事は、お昼で終わり。これから山陽本線の鈍行で、東へ向かう。岡山まで移動。
広島から岡山まで、直通の鈍行はない。ひとまず三原の一つ先、糸崎行きの鈍行に乗る。
下の写真は、その途中の車窓。山間の田んぼ風景。のどかなもんだな・・・。

sm5
鈍行の終点、糸崎にひとまず到着。ここは、三原と尾道の間にある。歴史ある駅なんですね。駅のムードも少々、レトロな感じがする。以下、Wikiの説明を。

この駅は1892年(明治25年)の7月に山陽鉄道の終着駅である三原駅として開業した。開業当初は三原の町に一番近かったが、開業から2年後の1894年(明治27年)6月には山陽鉄道が当駅から広島駅までを開通させ三原の町により近い現在の三原駅ができたため、この駅は現在の名称である糸崎駅(いとざきえき)に改称した。
2011年の1日平均乗車人員は、811人。利用客は年々減少傾向にあると・・・そうか。かつてはそこそこ、賑わってたんだろうな・・・。

sm6
sm7
三原発播州赤穂行きの鈍行が来た。糸崎にてこれに乗り換え、岡山まで。

simanami (8).JPG
尾道近くからの、車窓。島々が点在している。本州から見た夏の瀬戸内海、こんなイメージだよな。

fukuyama6.JPG
しまなみ街道。向島と因島の間に架かっている橋。きれいですな。空が広くて、高い。

sm10
日立造船の工場。でも確か、造船からは撤退したんだよな・・。

広島から岡山までの移動時間。山陽新幹線だと、36分。山陽本線の鈍行だと、2時間46分。でも、車窓の楽しさという点からは、はるかに後者に、軍配が上がる。新幹線だとトンネルが多いし、海もほとんど見えない。なによりスピードが速すぎて、ゆっくり景色を眺めるムードに乏しい。
広島の名物駅弁あなご飯を食べながら・・・夏の山陽本線の旅は、良いな。どこか、懐かしさを感じる。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)