かの「名古屋マリオットアソシアホテル」に泊まる

浜口です。

名古屋マリオットアソシアホテル(以下マリオット)に泊まってきました。イメージ通り、さすがに良かったな。

このホテルは名古屋駅高島屋が入っているビルの、15F~52Fにある。15Fが ロビー、52F フレンチレストラン/スカイラウンジ、その間に、客室がある。現在、名古屋で最も値が張るホテル。当方は普段、こんな高級ホテルに泊まることはないんですが・・・・まあ、夏休みスペシャル、自分にご褒美ということで、奮発したわけです。写真を。

1marisitunai
宿泊した部屋。ダブルのシングルユース。マリオットの中では、最も狭い部屋の部類なんだろうが・・・。それでも素晴らしかったな。

名古屋駅、電車から降りて昇って行くと、いきなりこの空間が。喧騒から無音へ。ビジネスタイムから、いきなりオフへ。う~む、突然、非日常的の世界が・・・。

このホテルには、シングルルームはない。一人で宿泊する場合には、このようにダブルをシングルユースにする。こんなケースが多いんだそうな。

2soto1
2soto2
44Fからの部屋からの眺め。さすがに素晴らしい。下が名古屋駅なので、電車の行き来も実に良く見える。下の写真、白いうなぎのようなものは、東海道新幹線。この部屋からの眺め、テツにもおススメだな。
ここにいると、東海道新幹線が如何に過密ダイヤなのか、よ~くわかる。ほんと電車、ひっきりなしに、来てるからな・・・。
ちなみに逆側の部屋からは、名古屋城が見えるんだそうな。

3mariottoofuro
バスルーム。窓際に位置しており、バスタブから外の景色が見える。これは・・・お風呂につかりながら、ビールやワインなど飲みたくなるな。で、ベッドに寝転んで。そしてまたお風呂に入ると。お酒、飲みながら。これを繰り返したくなる・・・
バスロープは・・・残念ながら、置いてなかった。

ANAクラウンプラザホテル神戸ウェスティンナゴヤキャッスルでもあるんだから、あっても良かろうと・・・そ、そうか。もっと大きな部屋、あるいは今回のような格安宿泊プランでなければ、分厚い生地のやつが、ちゃんと置いてあるんだそうな・・・。

4sotoyuugata
5sotoyakei
高層ホテルの特徴。時間の経過と共に、太陽の照り具合により、部屋からの見晴らしが変わる。それに伴って部屋のムードも、劇的に変わる。このホテルはそれが、顕著だな。
部屋、チェックイン直後の午後6時前は西日が入っていて、とても明るかった。シーツの白がまぶしい。いつの間にかそれが、暗くしっとりしたムードに。その変わり様が凄いな。
う~む、ずっと部屋に滞在して、こんな変化を味わいながら、ワインをいただく。そんなホテルだな。だから、明るいうちにチェックインするべきホテルでも、ある。これは、他の何ものにも変えられない空間・・・滞在時間、あっという間に過ぎてしまったな。
さて
ワイングラスを持ってきてもらって、部屋でワイン飲もうかな・・と思っていたら、グラス、最初から2脚、部屋に置いてあった。自分でワインと軽い食事を買ってきて、部屋で過ごすことに。ルームサービスで頼んだりすると、恐ろしく高くつくこと、必至ですんでな。
1Fのエントランスに降りて少し歩くと、成城石井があった。品揃え、なんとなく、マリオットに泊まってる人を意識してるムード、でしたね。ちょっと華がある、品揃え。ワインもずいぶんと、いろんな種類が置いてあった。

6skylounge
7omuhatyou
52F スカイラウンジ 「ジーニス」で、朝食を。種類がものすごくあるわけではないが、さすがに質が高い。和食もあるが、洋食メニューのほうが充実している。
オムレツは当然、目の前で作ってもらう。で、ソースの一つに、八丁味噌が。これをかけて召し上がれと。う~む、実に名古屋だな。旨い。。と、このクロワッサンも、実にしっとり・ぱりぱりで、素晴らしい。うっとりする味わい。この際、これ、カロリーが実に高いなんて、言ってらんないって?(笑)

9robiy
15F ロビーラウンジ 「シーナリー」。やはり格調、高いな。

10nagoyaeki
チェックアウトをして降りていくと、名古屋駅の喧騒が、再び。う~む、人口密度が高いな。

ここに来てあらためて、マリオットの非日常空間が思い出されるというべきか、現実を再認識させられるというべきか、両方というべきか。う~む・・・。
マリオットは素晴らしかった。このホテルはあらゆる点で、ホテルの部屋で、赤ワインをで書いた、当方の名古屋の定宿、ANAクラウンプラザ ホテルグランドコート名古屋と類似点がある。

シティホテルであること、駅近であり窓から電車が見えること(但しANAホテルは名古屋から2つ先の、JR金山駅近)、見晴らしの変化、太陽光線の入り方に伴い部屋のムードが変わること、朝食が充実していること、など。

宿泊代金は、ANAホテルは11000円前後、名古屋マリオットは、今回の格安プランでも18000円。う~む、この価格差は・・・金曜日宿泊だったせいもあるのか? 
大抵はツインにアップグレードしてくれることを考えると、部屋はANAホテルのほうが少し広いし、ワイングラスもANAホテルのほうが、大きい。

でもマリオットには、うまく説明できないが、ある種の突きぬけた非日常的なムード、それに伴う高揚感があるのも事実なんだよな。名古屋No.1ホテルの風格というべきか。あと金山の駅近よりも、名古屋の駅近ゆえ、宿泊価格にプレミアムが付いている・・・そう、理解すべきなのかな。
まあ予算が許せば、また泊まりたい。素晴らしいホテルであることは、間違いない。華があるホテルだった。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)