QE3VS異次元緩和・・・量的緩和度合い、アメリカのほうが上?

浜口です。
9月末マネタリーベースは185.6兆円、年末200兆円へ積み上げ順調=日銀という記事がありました。
この中に、下記の記載が。
日銀は金融市場調節の操作目標として、マネタリーベースを年間60兆─70兆円増やす計画を掲げており、1カ月あたりを単純に試算した増加額は5兆─5.8兆円。2013年末の残高見通しである200兆円程度に向け、ほぼ想定通りのペースで積み上げが進んでいることになる。
でも実際は、足元でのマネタリーベースの増加ピッチは、毎月7兆円程度で進んでいる模様です。
・・・と、待てよ。
FRBのQE3、月間の債券買い入れ額は、月850億ドルですよね。1ドル100円換算で、8.5兆円。
これだと・・・アメリカがQE3縮小を始めない限り、市場への資金供給額の点で、日本はアメリカに負けてることになる。となると、このままでは、これまでのような円安にはならないのでは?しかも、QE3縮小、来年3月開始にずれこむのが、市場のコンセンサスになりつつある。
でもまあ・・・黒田氏は最近、追加的な緩和も視野に入れていると、講演している。おそらくは、さらなる円安になるまで、アメリカを上回る追加的な資金供給を実施するハラだとは思います。あまり心配はしていませんが・・・・さあ、どうなるか?

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)