高松に出張④小豆島から赤穂線・日生へ

浜口です。

ずいぶんと間が開いてしまいましたが、高松に出張③小豆島・瀬戸内海・エンジェルロードの続きを。

今日は、小豆島から大阪に帰る。方法はいくつかあるが…最短距離で。
宿のある土庄から、1時間ほどバスに乗って、本州に面した福田港へ。そこからJR赤穂線の日生(ひなせ)に渡り、姫路で山陽本線に乗り換え、大阪に向かう。詳しくは最後に書いてますが、結構ギリギリの移動でした。まずは写真を。
feri-sennnai.JPG
福田港発日生行きのフェリー、「ひなせ」の船内。こんな感じ。なかなか良いムードでした。

feri-sennai2.JPG
でもやっぱり、晴れの瀬戸内海の旅なら…こんなテーブルで、冷えたらビールをゴキュッといただく方が、良いよなぁ?(笑)

nisssei1.JPG
nissei2.JPG
瀬戸内海。相変わらずきれいだが…福田港から日生へ向かう経路には、あまり小島がないんですな。その分景色は、やや単調かな。でも十分、気持ちいいけどなぁ。

fukudafer-.JPG
フェリーひなせ、無事、日生港に到着。

nisseieki.JPG
赤穂線の日生駅。本州から小豆島にわたる場合、姫路や岡山からだと、港までバスで移動しなければならない。ところがこれが赤穂線の日生だと、港はすぐ近く。目の前。

hamasin.JPG
sasimiteishoku.JPG
日生駅の案内所で教えてもらい、駅から数分歩く。「はましん」という海鮮料理のお店で、刺身定食を。味噌汁は、いそがに汁に変えてもらった。これが旨し。刺身には、しゃこも鎮座していた。
実に満足。価格面では、特に割安という感じではなかったが・・・観光客は見当たらない。来てるのは地元の人ばかり。地元の人気店なのかな。

akoosennsharyou.JPG
赤穂線の、鈍行車両。これに乗って姫路まで。そこからは山陽本線の新快速で。さあ、大阪へ戻ろう。

さて今回は:
福田港から日生まで、約1時間の船旅。ただしこの行き方は、きわめてマイナー。バスと船との接続が、配慮されていない。そもそも、港行きのバスがない。福田港の近くを通るバスならあるが・・・この船、フェリー利用が多いんだろな。車とともに移動な。

土庄バスセンターでバスに乗るとき、こんなアドバイスを受けた。
予め運転手さんに、福田港から船に乗る事を、伝えておくこと。そうすれば実際にはバス停はないが、福田港最寄の入口で、降ろしてくれるからと。

また、バスの遅延はしょっちゅう。老人客が多いと、乗り降りが遅いので。そうなると、船に間に合わないことも。で、乗り遅れると、次の船まで、港で2時間以上待つことに。それでは困るでしょう?でも策はある。
あらかじめ福田港に電話をしておき、「到着はギリギリになりますが、必ず船に乗りますんで」ということを、予め伝えておくと良い。そうすれば、少しの時間なら船は待っていてくれるので、バッチリと・・・ホントかなぁ?(笑)

果たして、バスの到着は5分遅れ。出発時間には間に合わなかった。が、アドバイスに従い福田港に電話をしていたおかげで、船はちゃんと待っていてくれた。で、当方が乗船後、すぐに出発。
福田港最寄の入口でバスを降りると、船会社の人がこちらをみて、「浜口さん!?船乗り場はこちらです!さあ、お急ぎください!」と、手招きしてくれた。大きな手振り。これがとても、印象に残った。

親切というか素朴というか・・・小豆島の人たちはおおらか、のんびり。ハートが良いな。そんな気がした。今回の訪問を通して・・・人生、悪くないな。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)