【質問回答】アメリカ国債のデフォルト説について。

浜口です。
「国策に売りなし」と・・・について、「アップル」さんから、下記の丁寧な文面の質問が。
先生の中長期展望の分析力は毎回大変参考になります。 ポジションを持てずに相場が下がると喜んでいる人もいるようですが、 相場が上がるにせよ下がるにせよ 先生のように根拠に基づいた冷静な判断力を持ちたいものです。 一つ質問なのですが、最近話題になっていたアメリカのデフォルト説。 一部の方はとてつもない円高ドル安を予想していましたが、 先生はいかがお考えでしょうか? 私個人としては長期的にはドル高と考え行動していますが・・
本件、当方もよく尋ねられてます。テレビを見ていると、一部、極端な意見が登場するようで。
以下、当方が10月に入って以降、講演会等で行っていた説明をまとめてみますね。これにより、回答に代えさせていただきます。
①10月に入って以降、アメリカでは「株高、国債高」が続いています。もし少しでも国債のデフォルトリスクがあるなら、市場はこの逆の動きになっていなければ、説明がつきません。あるいは金が上昇していなければ、説明がつきません。つまり現状では、市場は、アメリカのデフォルトを唱える人など、相手にされていない状況とご理解ください。
②米国の債券がデフォルトすると言っている人は、国債の拠り所は何か?国債が何より担保されているか、理解しているのでしょうか?
国債は基本的に、その国の税収により担保されます。税収があるからこそ、国債の元利払いが可能になるわけですね。言うまでもなく、アメリカは世界一の経済大国で、GDP・税収とも概ね一貫して、右肩上がり。ここに、アメリカの国債の信用力があるわけです。これが続く限り、経済的には、デフォルトし得ない・・・そう考えるのが、まともです。
③政治的には・・・・民主党と共和党の「ねじれ」が問題なわけですが…いずれにせよ、アメリカ国債のデフォルト止む無しと思っている議員は、一人もいない。これは常識で考えれば、わかるはずです。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)