東名高速が出来る前、東京-大阪間のトラック便、2日がかりだったと・・・

浜口です。
日独で、株価が新高値。日本も、リーマン前の高値奪回ぐらいしても良い環境になりつつあると、思うけどな。
さて先日、当方が大阪でタクシーに乗った時の話。
運転手は、70才過ぎの方。話好きな人。聞けば若いころは、トラックの運転士をしていて、東京-大阪間、トラック便でしょっちゅう、行ったり来たりしていたと。
1969年(昭和44年)、東名高速が開通する前までは、いわゆる「下の道」、国道一号線を、ずっと運転していた。その場合、大阪を出て夜行一晩では到着できず。一泊2日で、東京まで行っていたと。
大阪から出発すると、浜松あたりで夜になり、車中で仮眠するケースが多い。が、もう少し頑張って運転して、箱根まで行って50円払って温泉に入浴し、仮眠する。これが楽しみだったと。
でも東名高速が出来て、そりゃあ、楽になりましたよと。
この話を聞いて、いろんなことを考えさせられた。やはり「スピードアップ」は、経済にプラス効果をもたらすと。
物流の進歩は、経済発展をもたらす。そりゃ、東京から大阪、人でもモノでも、移動に二日かかってたのが一日あるいは一晩で出来るようになれば、人の行き来・物流面で、劇的な進歩をもたらす。大阪や京都まで来ないと食べられないものも、東京で食べられるようになる。週末の単身赴任の人たちの帰省頻度も、それは増加する。週末に東京ディズニーランドを訪ずれる関西女性も、「スピードアップ」のせいで増加する。
それが今日では、物流に限らず、情報のスピードが、凄まじいスピードでやり取りできるようになっている。うんと昔は飛脚だった。それが有線電話となり、現在に至る。
東京~大阪、日帰りの連続なんて・・・古き良き時代の想い出もあろうが…やっぱり、節目、節目で、時代は変わるな。
取りとめがなくなりました。この辺で。結論?特にないが・・・・まあ一般論として、物流、情報伝達、便利であるに越したことはないな・・・・あまり便利になり過ぎてもな・・・という部分はあろうが。。。。

株式投資実践セミナー2017年1月23日(月)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
1月23日(月)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)