NY ダウの年末終値は165万7600円?

浜口です。
NY ダウの年末終値は1万6576ドル。史上最高値と。
NY ダウは構成銘柄30種株価を足して銘柄数で割った単純平均。ということは100円/ドルで円換算すると、NY ダウの年末終値は165万7600円ということになるのかな?今更ながらの話ではあるが・・・こりゃ、凄いよな?
PERは、アメリカ株も日本株もほぼ同じ、約17倍前後。という事は、NY ダウ構成30銘柄ひいてはアメリカ株は、PERに相当するEPSを稼ぎ出してることになる。
ご参考まで、以下に足元で、連続増配しているアメリカ企業を列記します。()内は連続増配年数。P&Gは、57年連続増配なんだ。おそらくはそれに近い年数、増益なんだろうな。う~む。この銘柄に長期投資していたら・・・
 ・Procter & Gamble (57年)
 ・3M Company (55年)
 ・Johnson & Johnson (51年)
 ・Coca-Cola Company (51年)
 ・PepsiCo (41年)
 ・Wal-Mart Stores (39年)
 ・ExxonMobil (31年)
 ・AFLAC (30年)
 ・AT&T (29年)
 ・Chevron (26年)
 
 アメリカで株長者が多い理由、わかりますよね。
 
アメリカ企業、ほんとに利益成長してるんだろうなぁ。そんなこと、日本企業もやれば、できるんだろうか・・・日本はあらゆること、アメリカに10年(20年?)遅れぐらいで達成しているとの前提に立てば・・・いつかは可能なんだろな。
となると、日経平均株価も、10年後(20年後?)には、165万7600円とは言わないが、せめてNYダウの1/10、16万5760円ぐらいはと・・・・
う~む。これは年初から、常軌を逸した楽観論、唱え過ぎましたな?(笑)まあ戯れ言だが・・・でも日本株、長期的に利益成長・増配が見込めるなら、株価水準も長期的には、切りあがって良さそうですよね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)