長崎に出張③雲仙地獄と福田屋旅館の美人女将さん

浜口です。長崎に出張②雲仙に宿泊・・・雲仙九州ホテルの続きを。

hoteru kyuugaikann.JPG
翌朝。やっと霧が晴れた。あらためて、雲仙九州ホテルを、正面から。趣、感じられるよな。

sup_top_05.gif
ホテルのHPから。ホテルの露天風呂の一つ、峰の湯。見てのとおり、かなり白濁していている一方、なめて見ると意外にも、かなり酸っぱい。雲仙温泉の泉質は、硫酸酸性の硫黄泉、かつ強い酸性を示しているとのこと。なるほどな・・・源泉掛け流し温泉のありがたみは満点。
jigokugosihoteru.JPG
unnzennjigoku1.JPG
雲仙地獄越しの雲仙九州ホテルと、雲仙地獄。お互い、隣接している。このホテルは、雲仙地獄から直に、温泉を引いてるんだろな。

unnzennfukidasiguti.JPG
温泉が噴出しているところ。フツフツと沸いている、雲仙地獄には、このような噴出し口?がたくさんある。これが自然に出来てるんだろうから・・凄いよな。

火山国たる日本を感じる。聞けば日本には、世界の活動的な火山の約1割にあたる108の活動的火山が分布していると。そうなんだ・・
雲仙観光協会Wikiによれば、雲仙地獄について、下記の説明が。
雲仙地獄は、雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯が雲仙地獄地帯です。(中略)雲仙の温泉の泉質は硫酸酸性の硫黄泉で、強い酸性を示しています。温泉の最高温度は98℃、主成分は鉄イオン、アルミニウムイオン、硫酸イオン、リュウマチ、糖尿病、皮膚病に効果があります。また、シューシューと音を立てて吹き出している噴気の最高温度は120℃。大部分が水蒸気ですが、炭酸ガス、硫化水素ガスを含み、強い硫黄臭を漂わせています。
確かに・・・ホテルの温泉浴場に近ずくにつれ、徐々に温度が上がり、硫黄臭がしてきた。この理由が、わかった。これだけの地熱があれば、発電も出来るんじゃないかな。

さて、話は変わるが:
雲仙では、素敵な出会いもあった。当方の大学時代後輩の従妹が雲仙に嫁いで、旅館の女将さんとして、経営に携わってるらしい。当方はどうしてもお会いしたくなって、前日のうちに旅館の場所を確認。で、当日の朝7時ごろ、散歩がてら、いきなり訪ねてみた。するとこの方この日は、9時半頃に旅館に着くと。ならばと当方、雲仙地獄で時間をつぶし、その時間に再訪。
すると上品な佇まいの女性が、出てきてくれた。

1005285_488063904607047_258841656_n.jpg
福田屋旅館の女将さん。女優の水野真紀さんをイメージさせる美女だった。当方の突然の訪問に、さすがに驚きの様子だったが、事情を説明するとご納得いただき・・・エスプレッソをご馳走してくれ、もてなしてくれた。
当方は素直に、嬉しかった。色んな話を、聞かせてもらった。当方の大学時代の後輩を「お兄ちゃん」と呼んでいたのが、一番印象的だったかな。

こういう出会い、旅の醍醐味だよなぁ。当方つくづく、そう思った。出張前の雲仙の立ち寄り、最高のものになったもんな。
福田屋旅館は、とても情緒溢れる、素敵な宿。次回、長崎出張の時。可能ならまた雲仙に。今度は、福田屋旅館に泊めてもらおう。そのときに女将さんに再会できるの、楽しみだな。う〜む。人生、悪くないって・・・

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)