外国人の売り越しが気にはなるが…「リスクオフ」ではない

浜口です
当方、ここ一週間休暇をいただいてまして、山陰を旅行してました(いずれ、当ブログにもアップさせていただくと思いますが笑)。
その間、市場はあまり詳しくは見てなかったのですが、日本株、気味が悪い下げが続いてますね。ウクライナの問題とか米国の金利上昇懸念とか、色々後講釈がなされているようですがね。
日本株は、3月第2週(10~14日)の投資部門別売買動向によると、外国人が4週ぶりに売り越した。売越額は9752億円。世界的な株価大暴落のブラックマンデーがあった1987年10月以来の大きさで歴代2位の高水準だったと。この点が気になるが。
まあ、業績見通しからすれば、現在の日本株は割安。にもかかわらず、なんで外人が売ってくるのか。おそらくはヘッジファンドの相場観、ポジション調整によるところが大きいんでしょうが・・・・実際のところは、売っている本人にしかわからない。一生懸命考えても、これは無駄。考えに考えて、悪手を打つのがオチ。
為替はあまり動いてない。米国株式市場も下げ基調にあるわけではない。「リスクオフ」ではない。日本だけが売られている。
NYが崩れないことを前提に、売りたい向きが売り終れば、NY株式にさや寄せする展開と考えますが・・・どうなるか。
ご参考まで、例によって、NYとの比較チャートを、貼り付けておきますね。
nka_l.gif

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)