三井住友信託銀行、日本株、海外からの運用受託2兆円に

smtb.JPG
浜口です。またも日経ヴェリタス、4月13日付け版から。
三井住友信託銀行、日本株、海外からの運用受託2兆円にと。三井住友信託の副社長は、日経ヴェリタスのインタビューで、海外投資家から運用を受託する日本株の残高を、2018年度までに現在の3倍強の2兆円に強に増やす方針を明らかにしたと。日本株の個別銘柄選択に強みと。
以前から当方、考えてるんですが・・・・餅は餅屋。アメリカ株の運用が得意なのは、やはりアメリカ人の投資家。一方で日本株の運用が得意なのは、やはり日本人なんだよな。
一部に、妙な外人コンプレックスを持っている人たちがいる。アメリカ人の方が日本株の運用力、上だと思ってる・・・・これは明確に誤解でしょう。だからこそ、かかる三井住友信託に対するニーズがあるわけですね。これが証左、なんですって。
もっと素直に。外人投資家のほうがなんでも上手いなんて・・・いびつなコンプレックス、持たないほうが得策ですよ。
さて余談だが…
これからも、三井住友信託には、頑張ってほしい。この銀行、いろんな信託銀行が寄り集まって出来たんだが・・・当方も実は以前、その中の一社でね。15年に渡り、日本株のファンドマネージャー、やっていた。合併でいろいろあったが・・・今となっては愛着、あるんだよな。当方をファンドマネージャーとして起用してくれたからこそ、現在の自分がある。当方、恩を感じてる。
1987年。ブラックマンデーがあった年に、当方はファンドマネージャーになった。その時の先輩とは今も、10月19日が近くなると、「ブラックマンデーの宴」と称して、一献、傾けてる。「あのころの相場は凄ったな・・・」なんてね。想い出話に、花を咲かせながら。
どうか、日本一、株式の運用力のある信託銀行として、君臨してほしい・・・う~む。感情的で実にすいませんが、当方、この記事見て、胸がキュンとした。
三井住友信託銀行、ガンバってな。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【9月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【9月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【9月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)