三井住友信託銀行、日本株、海外からの運用受託2兆円に

smtb.JPG
浜口です。またも日経ヴェリタス、4月13日付け版から。
三井住友信託銀行、日本株、海外からの運用受託2兆円にと。三井住友信託の副社長は、日経ヴェリタスのインタビューで、海外投資家から運用を受託する日本株の残高を、2018年度までに現在の3倍強の2兆円に強に増やす方針を明らかにしたと。日本株の個別銘柄選択に強みと。
以前から当方、考えてるんですが・・・・餅は餅屋。アメリカ株の運用が得意なのは、やはりアメリカ人の投資家。一方で日本株の運用が得意なのは、やはり日本人なんだよな。
一部に、妙な外人コンプレックスを持っている人たちがいる。アメリカ人の方が日本株の運用力、上だと思ってる・・・・これは明確に誤解でしょう。だからこそ、かかる三井住友信託に対するニーズがあるわけですね。これが証左、なんですって。
もっと素直に。外人投資家のほうがなんでも上手いなんて・・・いびつなコンプレックス、持たないほうが得策ですよ。
さて余談だが…
これからも、三井住友信託には、頑張ってほしい。この銀行、いろんな信託銀行が寄り集まって出来たんだが・・・当方も実は以前、その中の一社でね。15年に渡り、日本株のファンドマネージャー、やっていた。合併でいろいろあったが・・・今となっては愛着、あるんだよな。当方をファンドマネージャーとして起用してくれたからこそ、現在の自分がある。当方、恩を感じてる。
1987年。ブラックマンデーがあった年に、当方はファンドマネージャーになった。その時の先輩とは今も、10月19日が近くなると、「ブラックマンデーの宴」と称して、一献、傾けてる。「あのころの相場は凄ったな・・・」なんてね。想い出話に、花を咲かせながら。
どうか、日本一、株式の運用力のある信託銀行として、君臨してほしい・・・う~む。感情的で実にすいませんが、当方、この記事見て、胸がキュンとした。
三井住友信託銀行、ガンバってな。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)