Sell in Mayが気にはなるが・・・

浜口です。
最近すっかり定着した感のある、「Sell in May」。今年もいよいよ、この時期を迎えようとしている。昨年の日本株のとりあえず高値が5月であったこともあるのか、マスコミや雑誌経由で、「Sell in May」が盛んに喧伝されている。
今年に関しては、日本株は5月に向け上昇しておらず、一方で今後の政策期待(法人実効税率の引き下げ、日銀の金融緩和)ゆえ、アメリカ株が崩れないことを前提に、それほど心配は要らないと考えるが・・・・あるとすれば、アメリカ株発だろうな。可能性は高いとは、思わないが・・・・
まあそもそも、「Sell in May」は経験則、アノマリーの話。予測自体が意味がない。相場が下がりやすいという季節性、傾向の話だから。
まあ・・・買いから入っている人はポジションを軽くするのか、それとも昨今、あまりにも「Sell in May」が言われすぎているので、「This time,it’s different」と考えるべきか・・・自分で考えるしか、ないな。5月にかけ、全体としては既にそこそこ調整している日本株が、さらにここから下がるものなのか?という気も、しないではないが。
当方?・・・これから考えます。取り留めがなく、かつ、歯切れが悪くてすいませんが、この辺で。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)