首相官邸・政府が警戒し始めた兜町の低迷

浜口です。
ゴールデンウィーク中に、ストラテジスト・アナリストレポートを再確認してますが、興味深いものもありますね。
これは少し前の4月21日付で三菱UFJ モルガンスタンレー証券のストラテジスト藤戸レポート。内容はタイトルの通りですが、趣旨は、「日経平均が1万3885円まで売り込まれたことが、政治家の視点を兜町に向けさせたようだ」と。
当方が前回書きました、「国策に売りなし」は、挙国一致?と整合的でもありますね。悪い話ではないな。
syushoukannte.JPG

株式投資実践セミナー2017年1月23日(月)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
1月23日(月)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する

Comments

  1. 私が信頼しているレポートでは逆に
    「政府がGPIF、日銀で材料を出すたびに株が
    一時的に上昇し、その上昇が外資に絶好の売り場を
    与え逆効果、日本株の早期全株利益確定」
    を指示していました。
    今のところ全く同じ展開になっています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)