2014年度の企業業績見通しは、概して保守的と

浜口です。
2014年度の上場企業「自身」が発表している業績見通しは、概して保守的なようですね。
これは野村證券の日本株投資戦略4月号。黄色のマーカーが塗ってある、その間のパラグラフに注目いただきたいが・・・「当面、業績面でのニュースフローはネガティブ」と。
曰く、4月1日に発表された日銀短観3月調査では、大企業の2014年度の会社計画が「2.3%経常減益予想」であった。4~5月の決算発表時に判明する企業ガイダンスも、弱めの数字となる可能性が高いだろうと。レポートには、この数値と実際の「会社予想経常利益率」の連動性は高いと。そうなんだ・・・まあ、消費税増税の影響度合いも測りづらいし、新興国の経済見通し等が不透明なので、保守的な数値を置いているのでしょうが。
10172574_635313969882039_3044370997357633782_n.jpg
一方で多くのアナリストは、2014年度の業績見通しに関し、「保守的過ぎる」と個別銘柄に関し指摘し、それが株価にポジティブな影響を与えている。そんなケース、散見されているようですね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)