会社四季報と日経会社情報

浜口です。

新しい会社四季報と、日経会社情報が発売になったんですね。当方はどちらも、オフィスでもらえるんで、今日はちょこっと、本屋さんで立ち読みだけしてきました。

今は、会社四季報の方が人気があるんだろうなぁ。CD-ROM版も充実しているようだし。

当方がファンドマネージャーをしていた頃は、基本、ファンドマネジャーは日経会社情報を使っていた。

その理由は、会社四季報は、東洋経済のアナリストが業績予想をしている。一方で日経会社情報は、企業の業績見通しをそのまま掲載しているだけだから。

日々アナリストからのプレゼンを受ける立場であるファンドマネージャーは、日経会社情報を用いて、企業の業績見通しとアナリストの業績見通しが、どのような理由でどのように違うのか。その点が最大の関心事だったからですね。素のまま会社の業績見通しが欲しかったというわけです。

一方で個人投資家は、東洋経済のアナリストが出している業績見通しに興味がある。しかも日経会社情報と比較すると、さらに一期先まで、業績見通しを出してくれている。この点がありがたいという事なんでしょうね。

当方は今は、いつでもアナリストの意見を聞ける立場にはない。したがって会社四季報を中心に、銘柄発掘、企業の業績見通し予測を行っています。取り止め無くなりました。この辺で。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)