米景気不安、市場揺さぶるというが、本当か?

浜口です。今日も日本株は、弱いですね。

個人的には今朝の日経新聞に、驚かされました。
昨日の米国株式、株価下落の理由を、冒頭で、以下のように解説している。

朝方発表の9月の小売売上高が、こののパニック的な相場変動のきっかけだった。前月比で0.3パーセントの減少と、市場予想の0.2パーセント減を下回る不振と。

しかし冷静に考えてみれば…0.2パーセント減の見通しが、実際は0.3パーセント減というのは…どの程度のサプライズなんでしょうか?

ほぼほぼ想定通り。0.1パーセントの減少なんて誤差の範囲。通常のマーケットならそう解釈すると思うんですが、いかがでしょうか?

まぁ現在のマーケットはそれほど、市場の悪材料に神経質になっている。それは事実かもしれませんね。その点でいうと、アメリカの小売売上高の発表がきっかけになって、ダウが一段安になったと言う日経の説明は、正しいのかもしれない。

結局のところ、足元のファンダメンタルズに基づく下げ要因は、実は大したものはない。昨日、当方が説明した、ドイツの鉱工業生産も然り。1時的なあるいは期間限定の需給要因で下げてる部分が大きい。

足元でマーケットが不安定なのは言うまでもないですが、Fundamentalsに大きな変化がなければ、相場はそのうち、落ち着きを取り戻す。むしろ現在の下落が、政策対応を催促する。心配は要らない。当方はそう考えますけどね。

image

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)