日銀にとっての誤算?

浜口です。

国内企業の業績は好調なのに、個人ベースの景況感は必ずしもよくない。特に東名阪以外の地域においては。
この点について、11月30日付け日経ヴェリタスに寄稿されている、東短リサーチ社長加藤出さんの見解が参考になります。曰く:

日銀にとっての誤算は、日銀が「早期にインフレ率を押し上げる」と言えば言うほど、消費者が警戒する現実だろう。
春以降の消費の回復の遅さは、単に消費増税の影響だけではない。所得が増えると予想できない人がまだ多いのに、日銀による事実上の円安誘導で物の値段が上がり、生活にかかるコストは上昇した。
「今後1年間の支出をどうするか」との日銀のアンケートに、「減らす」と答えた人は2013年6月から増加傾向で、14年9月には50パーセントを超えた・・・とのこと。

これが一般個人の感覚なんでしょうか。株式運用にどっぷり浸かった当方の感覚とは、かなり乖離があるが・・・・でもまぁ、企業業績は好調ですんでね。株式投資にこのような「不景気風」を持ち込まないようにしたいものです。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)