懐かしい・・・「1984年・春季号」のチャートが出てきた。

浜口です。

年末大掃除をしていたら、「1984年・春季号」のチャートが出てきた。当方、この頃から株式に興味を持ち出し、マーケットを見るようになり、このチャートブック、買ったんだろうな。懐かしいって。ちょっと、覗いて見ましょうか。

B6QDoKyCMAE_Z_z

日経平均は1983年末にかけ、史上最高値更新、初めて1万円乗せした。年末終値は10,235円。このチャートは、1984年4月2日まで掲載されており、この日の寄り付き高値は11,050円。日経平均の1万円乗せは、よく覚えてる。「金と銀とが日経ダウを1万円に乗せました」と、解説されていた。そう、この頃は日経平均とは言わず、日経ダウ平均とか日経ダウという呼び方をしていたよな。

B6QETEnCEAE1Ufw

この頃の主力銘柄の1つ。別子こと、住友金属鉱山。「金と銀」のうち、「金」とは産金株のこと。 「日本で金が出た!鹿児島の菱刈鉱山!」ということで、テーマ株的に相場になった。是銀もこの銘柄で、大儲けした。この頃の株式投資家の、憧れの銘柄ですね。いつかは別子をと・・・

B6QEoRmCcAAH7RB

「銀」は銀行株。でも何故かこのチャートブックに、銀行株は掲載されていない。当時銀行株の株価は管理されており、かつ小動き。極論すれば、株とはみなされていなかった。それが動き出し、上昇に転じたのが、1984年。同様の動きをしている、証券株のチャートを。銀行株、損保株も同様の動きでした。

1984年は、産金株やガン・バイオ関連的な薬品株の、材料株物色的な相場だったな。「バイ金株相場」なんていわれましたね。その後、1985年のプラザ合意以降、金融、建設、不動産、電力ガス株主導の大相場になる。円高・金利低下・原油安のトリプルメリットを受ける銘柄ということで。ただしこの手の内需株銘柄の天井の多くは、1987年4月1日でした。それ以降、1989年年末にかけ、バブル相場に発展するんですが。

B6Qh1RpCMAIuW9l

海運会社のチャート。当時はまだ三光汽船があったんだな。ジャパンラインと山下新日本汽船は、その後ナビックスラインとなり、商船三井と合併する。業界淘汰が進んだ、最たる業種の一つですね。

ちなみに日本郵船は指定銘柄だったので、ここには掲載されていない。ページの1番最初に、トヨタや三井物産、平和不動産などと一緒に、取り扱いがされているんですね。

取りとめがなくなりました。この辺で。今年の相場を見る上で、付け加えたいことはたくさんあるが・・また。違う機会に。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)