もはや円高デフレではない。インフレ期待へ。

浜口です。現状、考えるところを。

円高デフレ。特に民主党政権時代の。最低最悪でしたね。これで日本企業がどれだけ苦労したことか。

一方でこれを反面教師にしたのかはよくわからないが…アベノミクス、黒田日銀の異次元緩和。円安株高、2%のインフレ期待を目指すと。これは実に見事な方向転換だった。当方は素直に素晴らしいと、高く評価しますけどね。

インフレ期待が出てきたこともに伴う好影響。まず企業活動が活発になった。デフレ時代にため込んだキャッシュをいろんな形で有効利用する、そんな競争になった。ここ1、2年のことですよね。その間、株価は上昇。

デフレマインドがなかなか払しょくできなかった個人も・・・特に一部のど素人の個人投資家ですが、「もしかして、デフレは終わったのかも?これからはインフレに備えなければいけないのでは?」一部は、そんな風にマインドが変化したように思われます。これまで個人向け国債を買っていた人も、あまりの利回りの低さに嫌気が差し、仕方なく?外貨建て投信や株式に投資したいと目を向ける向きが増えてきた。そんな流れを日々、感じる次第です。

このようなど素人の個人投資家の層は非常に厚いので、彼らのマインドの変化は、重要でしょうね。相場へのインパクトという点において。

でもまだ、このような転換は始まったばっかり。時間の経過とともに、「もはや円高デフレではない」ととらえる向きがさらに増えてくる。つれて、株式市場は上昇するんだろな。で、為替も円安に。

それは当然・・・なにかをきっかけにした、年に一度や二度のショック安は覚悟しなければいけないのはもちろんだろうが・・日本株、趨勢的な上げ相場に入ったような気がする。これからが楽しみだな。

取りとめがなくなりました。この辺で。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)