今となっては良い立ち位置だな・・アメリカをお手本に出来る日本

浜口です。

前回、「日本もアメリカの「真似」ができるようになってきた」「日本株・日本企業には、アメリカ株・企業という良いお手本がある」という趣旨を書きました。この点について、当方が考えるところを少し、踏み込んで。

日本株の上値メドはどのあたり?そのようなことを聞かれることが、最近よくあります。
私は、「日本株は長期上昇波動に入った。短期的にはともかく、長期的には何ごともなければ、上昇を続けていくんでしょうね。なぜならば、アメリカがそうだから。アメリカがお手本になるから」と、答えることにしています。

先進国の株価は、特にアメリカやドイツを見れば分かりやすいと思いますが、長期的にはSP500もDAXも、新高値更新を続けている。今後も高値を更新していくのでしょう。そして日本も、これを後追いするのでしょう。なぜ、そう思うのか。

上場企業は、1株当たりの利益成長を目指し、その結果、株価は上昇していく。そのためには付加価値を拡大させる戦略、ROE改善、自社株買い等の資本政策など、様々な手法を駆使して経営していくことになりましょうが、これらについては全て、アメリカがお手本になる。ここが重要だと思います。すべてアメリカが先駆して実験して、成功事例を示してくれている。この点、現状の日本には、ツキがあると思いますね。

金融政策も然り。黒田日銀の異次元緩和、それに伴う円安株高政策は、アメリカの量的緩和、QE1、2、3の真似に他ならない。

日本は、1990年のバブル崩壊、それ以降のデフレ、前政権時代の円高バブルと、悪い時代が続き、アメリカの真似をしたくてもできない時代が続いた。それがアベノミクスにより方向転換、ここにきてようやく、アメリカの真似ができる状態になった。

「新たな発明をするのは得意ではないが、すでにある成功例を元に、それを改善させていくのは得意」。それが日本人のDNAなんだと思います。これからが楽しみだな。

まあ、以上は長期的な話。5月はテクニカルな要因で、下振れリスクが高い。どこで組み入れを増やすべきか・・・虎視眈々と・・・

株式投資実践セミナー2017年1月23日(月)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
1月23日(月)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)