東証1部時価総額が、過去最高に迫ると・・・

浜口です。

東証1部の時価総額が過去最高に迫っている。昨日あたりは、過去最高を更新したのかな。一方で、日経平均は15年1カ月ぶりの高値と。 15年前というのは2000年だから、ITバブルの高値を抜いてきたと言うことですね。

ちなみに日経平均の史上最高値は、1989年の大納会の日かな。12月29日、38,957.44円。当方、この頃のことはよく覚えてるが・・・・と、東証1部の時価総額は過去最高でも、現在の日経平均は、史上最高値からは程遠い。

1989年以前には東証一部になかった企業、JRやJT,ソフトバンクやNTTドコモもかな。新たな企業が生まれその新規上場があり、時価総額、無から有が形成された部分はある。それを踏まえれば、東証1部の時価総額が過去最高でも、日経平均が高値に及ばないというのはわからないでもないが・・・あと、日経平均は2000年、 ITバブル崩壊中の銘柄入れ替えの時上手くいかず、旧日経平均で考えれば、現在はおそらくドタ勘で、25,000円水準ぐらいなんだろうが・・・・それにしても差があり過ぎるな。どちらが実体を表していると解釈すべきか。

う~む。TOPIXだとどうなんだろな。これから自分で、分析してみることにしますね。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)