ブログ更新1,000回越え!今年3月に廃止された、大阪発札幌行きの寝台特急、トワイライトエクスプレスを・・・

浜口です。

おかげ様でこのたび、当方のブログの更新、1,000回目越えを果たしました。最初のアップが2007年5月11日だから・・・足掛け8年、続いたんだな。

当方は日本株が専門。日本株、永らく冬の時代が続いていた。そんな不遇な時期には当方、「グルメ・ホテル・テツ」アップでネタ切れ地獄を回避し(笑)、相場の回復を待っていた。それがここにきて、ようやく、報われつつある。最近は、市場関係のアップのほうが、はるかに多いでしょ?(笑)

ブログ更新1,000回目は?と問われ、日経平均2万円の如しと説く。そのココロは・・両方とも、単なる通過点なんでしょうね。そんなところかな。

ところで当方、テツ関係ネタで、アップすべきものを忘れていた!!!今年3月に廃止になった、大阪発札幌行きの寝台特急、トワイライトエクスプレス。懐かしいよな・・・このタイミングで、アップさせていただきます。テツのみなさん、どうか、ノスタルジックな想いに、浸ってくださいね。

kikannshatwio.JPG
10302010_653071208106315_7102794131998838343_n (1).jpg
tuiusirp.JPG

大阪駅にて。札幌行きの寝台特急「トワイライトエクスプレス」が入線している。写真を撮っている人も多い。人気者だな。当方も、撮らせてもらおう。大阪11:50発→札幌9:52着と。最高だな…

wikiによれば、「トワイライトエクスプレス」は1989年7月21日に運転を開始。当初はツアー客用のみの団体専用列車で、寝台券は一般販売されなかった。同年12月に臨時列車に変更し、寝台券の一般販売を開始した。下り大阪発札幌行きは1,495.7kmを約22時間、上り札幌発大阪行きは1,508.5kmを約22時間50分かけて運行し、JR西日本・JR東日本・JR北海道のJR旅客3社にまたがる日本一の長距離旅客列車である。この列車は臨時列車であり、毎日運行されるわけではない。概ね、週3~4日の運行という、珍しいダイヤ。

そうか。だから、大阪駅に入線してるのを見るの、結構珍しかったんだな。

10418977_653481758065260_753992083005013296_n.jpg

少し暗いが、これは好きな写真。トワイライトエクスプレスの食堂車。素晴らしいよなぁ。
これが廃止だなんて…う〜む。神も仏も、ないものか。なにゆえ、こんな大切な宝物、廃止に追いやるんだ…観光立国JAPAN、日本のテツの底力、上手く利用する一手じゃないのか・・・なあ?

salomtwi.JPG
7号車のミニサロン。本革のソファーが設置されている。ここでワインを、傾けてみたいもんだな。

bedtwi.JPG
後ろからの光が映り込んでわかりづらいが・・・・最後尾の1号車。 A寝台2人用個室「スイート」。1号車にはそれ以外に、 A寝台1人用個室「ロイヤル」も。

urisotwio.JPG

最後尾の1号車。展望車のようにも見えるが・・・・A寝台2人用個室「スイート」があるんですね。

トワイライトエクスプレス、老朽化で引退は寂しい話だが・・・新車両の後継優等列車が予定されているらしいんで・・・まあ、世代交代ですね。それほど悲しまなくても良い。この車両については、「お疲れ様でした」ということになるな。

蛇足ながら、この前ある人から、「トワイライトエクスプレス大阪発札幌行きに乗ったが、よく眠れなかった。従って帰りは飛行機にしたら、快適に帰れました」なんて残念な発言が聞こえてきた。少し工夫すればよいのに・・・・ちょっとコメントを

まず一般論。寝台列車に限らず、列車に乗るときは、車両の端は例外なく揺れが激しい。極力、車両の真ん中を予約することをお勧めします。

寝台車の車両も、真ん中あたりが揺れが一番少なくて快適。だから先ほどの1号車、展望車のようにも見えるがA寝台2人用個室「スイート」は、一件カッコ良いが・・・・揺れが激しいはずなので、実はあまりお勧めできないんですよね。

あと寝台車は、お酒と相性がいい(笑)。居酒屋でみんなとワイワイやった後、寝台車に乗り込むのは最高。また1人のみワインのボトル1本ぐらい買い込んで、クイクイっと景色を見ながら飲んで、いつの間にか眠りに落ちてしまう。気が付いたら、朝。そこはもう、遠い遠い世界・・・・そんなふうになっていれば、最高ですね。

さらに念のため、市販の軽い、寝入りばなだけに効く睡眠薬を飲んでおけばバッチリ。そのうえで、騒音対策として、100円均一で売っている耳栓を用意しておく。

ここまですれば、まず眠れる。しかも目覚めが良い。当方、実験済みです。ちょっとひと工夫することで、寝台列車は本当に楽しいものになります。一人でも多くのテツに、寝台車の深さを味わってほしいもんだな。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Comments

  1. 石川臨太郎 says:

     1000回継続、おめでとうございます。

     私もサラリーマンを逃げ出してから9年がたちました。株式投資に自信がなかったので、儲かったときに積み立てた私設年金や厚生年金が去年から少しずつ、貰えるようになりました。

     アベノミクスのおかげで『定年後の厳しいリアル』に直面することなく『ホッコリ』と株式投資も続けております。

     私の田舎暮らしの都市にも、ご出張されることがありますが、バタバタとしておりすれ違いでお目にかかるチャンスがありませんでした。また機会があればお話をお聞き出来ればと思っております。

     サラリーマンは不合理で耐えがたいことも起こりますが、株式投資で起きる変な株価の動きよりは真っ当なことも多く、多くの同僚と共同で達成した仕事の達成感は、株で儲けた一時的な喜び(⇔株の儲けの喜びは一瞬で、すぐにストレスに変わりますから・・・)より長続きすると感じております。

     これからも楽しみながら拝読させてただきます。

     

    • hamaguchi says:

      石川さん、大変丁寧で優しい、そして嬉しいメッセージをありがとうございます。ご無沙汰してますね。でもお元気そうで何よりです。

      日本株の投資家が報われる時代が、ようやくやってきましたね。お互い諦めずに、 日本株投資を続けてき
      て、本当によかった。それだけは言えると思います。

      お互い、生涯日本株投資家でいたいものですね。まぁ、この段階で生き残っていれば、大丈夫でしょうね?(笑)
      機会があれば、ぜひお会いしたいですね。これからもどうかよろしくお願いします。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)