ギリシャ問題の急展開…どこが日本株の買いタイミングになるのか

浜口です。

いよいよチャンス到来。ギリシャ問題の急展開…どこが日本株の買いタイミングになるのか。

以前ブログでも書いた通り、当方は4月末に日本株を一部、キャッシュ化しているので、どこかで組み入れを増やしたいと思っていた。その矢先に今回のことが。チャンス到来と考えてるわけです。

実は、当方が狙っている銘柄、今日の日足を見ていると、寄り付き安値の銘柄ばかり。今日の寄り付きが絶好の買い場だったのか…まあそれは早計でしょうね。おそらく。

でも当方は、ギリシャ問題のにわか評論家ではない。日本株のなるべく安いところを買いたいと思っているだけなので、今後、株価が今日の寄り付きを下回って行くかについては、一応、注視すべきと考えます。

後は、自分のクセですよね。当方はこれまで、こういうショック安の時に株を買う際、往々にして早過ぎることが多い。そのクセを踏まえて、行動していきたいな。

スケジュール的に意識すべきは、ギリシャの国民投票が実施される7月5日ぐらいかな。現状、それ以上のことは考えても、意味ないでしょう。考えに考えて、悪手を打つ。これも今までの経験から、自戒しないと。深く深く考えても、儲けにはつながらないって。

まぁ、選択肢は二つ。一つは今後、大幅安した翌日に、段階的に買って行く。もう一つは・・・今後、株価はどこかで底打ちするだろうが・・・これは底打ちしたな・・・そう認識された時点、つまり株価が上昇に転じた後、 なるべく早く底打ちに気付き、ドカンと一回で買う。そのどちらかだろうなぁ。当方の性格からすると、前者の方法になりそうだが、本当に賢いのは、後者なんだろうなぁ…なんて事を、漠然と考えています。場合によっては、9月のSQまで、買いをこらえるかもしれません。

さぁどうなるか。まあ、今後次第だな。取りとめがなくなりました。この辺で。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)